コロナ融資は借金である

2020年の始めから2年以上にわたって世界中で大流行している新型コロナウイルス。この影響は当然日本でも出ていて多くの中小企業も大打撃を受けている。飲食や旅行など直接的に影響を受けている業種もあればウッドショックや半導体不足、輸出入が止まった事などによって間接的に影響を受けている業種も多く存在していていい方向でも悪い方向でも全く影響を受けていないという方が少数派という状況であり、多くの中小企業でもコロナ前の状況に戻る事など無いという事に気付き始めている。

ウィズコロナ、ポストコロナ時代を見据えた新しい生活様式への対応が全ての企業に求められており変化に対応できない企業、対応する気が無い企業は市場からの撤退を余儀なくされつつある。政府主導で行った複数回の緊急事態宣言や蔓延等防止措置の影響により傷んでいる企業も多く存在している事もあり企業への手厚い支援策も同時に打ち出してきた。

その一つが持続化給付金や家賃支援給付金などの給付金でありコロナで影響を受けている企業に対する融資制度であるコロナ融資も支援策の一つです。これらの支援策の効果は如実に表れていて倒産件数の減少には一役買っている。ただしこのコロナ融資には副作用もある。会社の将来性を評価する事業性評価などはほとんど行われず傷んでいる会社にじゃぶじゃぶ金を貸し続けた結果企業の倒産件数はコロナ前と比較しても大幅に減っていて2021年の倒産件数はなんと57年ぶりの低水準になっている。

終戦以降バブル崩壊やリーマンショック、東日本大震災など多くの危機を経験してきた我々にとっても過去経験したことないレベルの未曽有の危機が起きたにもかかわらず倒産件数は57年ぶりの低水準となっており実態とはかけ離れた結果となっている。これは一体どういうことなのか?

コロナ対策と銘打って本来救う必要のない将来性のない企業(実際コロナが発生して売上が激減しているにもかかわらず何ら対策を取っていない企業が約3割存在しているというデータもある)に対してとりあえず金を融通するという対策を行った結果、ただ借りた金を食いつぶすだけの所謂ゾンビ企業が量産されてしまったのである。

当然政府もこの状況を良しとはしておらず今後はそのような見込みのない企業、何の改善努力もせず金を垂れ流すだけの企業に対して足りない金を融通するだけの支援はもうしない、という方向性を示しており、今後は今ある金を使い果たしてしまった多くの会社が続々と倒産する大倒産時代が訪れる可能性が極めて高い、というよりももう始まっている。

今後返済猶予となっていたコロナ融資の返済が始まると更に加速度的に倒産企業が増えていく事が見込まれる。そもそも国として今後の企業の在り方についてどう考えているのか、という事を正しく理解しておくことが重要である。国としては中小零細企業が多数存在している今の状況を実はあまり良しとしていない。零細企業は生産性が低くむしろ半数近くは淘汰されるべきだと考えている。(淘汰されても仕方ない、ではなく淘汰されるべきという所がポイント)この事からも今後はただ金を配るような支援策は行われないという事が分かる。

今後も継続して事業を行っていきたいというやる気のある企業に対しては事業再構築補助金や資本性劣後ローンをはじめとした施策を打ち出しているのだからそれを取る努力ぐらいはしてしかるべき、そうでないなら淘汰されても仕方ないというスタンスである。

しかし中小企業の実態を見ているとある程度の期間継続して経営を行ってきた会社は特に金が足りなくなると銀行が貸してくれる、国が助けてくれる、誰かが何とかしてくれる、というぬるま湯につかり続けた結果もうどう考えても後が無いという状態に陥ってしまっているにもかかわらず危機意識が無く自社の現状を見てみぬふりをしている。そんな経営者に多く対峙してきたが、まだまだ先が長い若い経営者や後継者はこのまま流れに身を任せてただ倒産を待つというわけにはいかないはずだ。今厳しい状態だけど今後どうしていいかわからない、コロナ融資の返済が始まってしまうとどうにもならない、そんな会社向けの最後の支援策として”資本性劣後ローン”というものがある。

次回のコラムではこの最後の救済策といっても過言ではない”資本性劣後ローン”について解説します。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ そもそも運転資金を正しく理解しているか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社を経営していて運転資金という言葉自体を聞いたことが無い、という人はあまりいないと思うがこの言葉の意味を正しく理解している、という人は意外と少ないのではないだろうか?

皆さんは運転資金という言葉を聞いた時にどんなものを想像しますか?消耗品費や修繕費などの日々の経費の支払いを運転資金と捉えている方が多いと感じる。広い意味ではそういった経費の支払いなども運転資金として使われることもあるが会計用語でいう運転資金、所謂正常運転資金という言葉は意味が違う。

正常運転資金は下記の計算式で導き出すことが出来る数字の事を言う。

正常運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務

計算式からも日々の経費の支払いの要素は全く入っていないことが分かる。では正常運転資金とは何を表しているのか。正常運転資金は会社が一時的に立て替えている状態になっている金の事を指している。

売上債権は得意先に売上を上げたけどまだ入金されていない金、棚卸資産は商品などの在庫で当然仕入を行う為には金を払う必要がある。つまり、お客さんに販売する為に先に金を払って購入しているものという事だ。この2つから仕入債務、つまり、商品などを購入したがまだ支払っていないもの、逆に仕入先に立て替えて貰っている状態の金をマイナスして計算する。

この一時的に立て替えている状態、つまり先にキャッシュアウトしている状態の金を正常運転資金という。良く、会社が大きくなり急激に売上が増えると資金繰りが回らなくなるというのはこれが原因で、規模が大きくなれば当然必要な運転資金も大きくなり、先に出ていく金がどんどん増えていく。そのことが分からず闇雲に売上を伸ばし続けていくといずれ資金繰りが厳しくなっていく。会社を拡大する場合には必ずこういった財務の知識が必要になるという事だ。

多くの会社が運転資金不足で悩んでいるのはこういった知識が無いためだ。財務の知識を持って資金繰りの管理を適切にしていればいつ、いくら金が必要になるか、といったことが明確になりそれに合わせて資金調達をしたり、という対策を立てることが出来るが、財務をおろそかにして兎に角売上を増やす、という事だけを意識していると、必ずどこかで行き詰まる事となる。

そうならない為には財務戦略をきっちり立てて取り組む必要がある。銀行からの資金調達の方法、金の借り方も非常に重要になってくるが正しい借方を理解し、実施している会社はほとんど存在しない。というのが実情だ。

銀行からの借入、つまり資金調達する場面は大きく分けて2つあり、そのうち1つがこの運転資金対策の借入である。金融機関からの借入明細などを見てみると運転資金や設備資金などの名目が書かれていることが多いのでそこで資金使途を確認することが出来る。

運転資金名目の借入は本来は先ほどの計算式で導き出される運転資金、つまり会社が立て替えることになる金を賄うために調達するものなのだ。だが実務上はとりあえず事業を行っていくうえで必要となる資金を包括して運転資金として調達していることが多い。実はこの資金使途を無視した資金調達によって企業財務を痛める原因となっている。

どういうことか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 運転資金って減るの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

運転資金名目での借入がある会社は多く存在しているが、ほとんどの会社が証書貸付、つまり5年や7年などの期間で毎月約定弁済があるタイプの借入で賄っている。時が経つにつれて借入金の元本返済が進み運転資金名目の借入はどんどん減っていき最終的な5年後、7年後の借入期間が経過すると残高はゼロとなる。

ここで考えていただきたいのが運転資金は時が経つにつれて減るものなのか?という事。先ほどの正常運転資金の計算式からも分かるとおり答えはノーだ。会社が成長すればむしろ運転資金は増えていく可能性が高い。コンビニなどの在庫を例に考えていただくとわかりやすい。

例えばコンビニ1店舗に商品の在庫が全部で1千万円あるとする。商品がいっぱいなければお客さんに来てもらえないのでコンビニには常に商品在庫を一定の状態に維持しておく必要がある。商品を仕入れる際には当然金を払う必要があるので在庫の1千万円分の金が先に出ていく事になる。これが所謂運転資金で、店舗を2店舗に増やせば2千万円の運転資金が3店舗なら3千万円の運転資金が必要となるのだが、運転資金として借りた金は時が進むにつれてどんどん返済が進み減っていってしまうのでいずれ資金が足りなくなる。

ではどうやってこれまで多くの企業が成り立っていたのか?返済が進んで金が足りなくなったら折り返し融資という形で金融機関から新たに借金をして足りない金を賄っていたのだ。毎期利益を積み上げ自己資本(内部留保)で運転資金を賄うことが出来るようになれば借入金を返済してしまっても問題は無いはずだが多くの場合そうはなっておらず借金で成り立っているだけの状態となっているのが実態である。

これまではそれでも銀行が貸してくれたから成り立っていたのだが、特にコロナ融資を使ってしまっているような場合には今後は金融機関からの新規の借入はかなり厳しくなっていくので本質的な改善をしなければ生き残っていく事は難しくなっていく。

正しい資金調達の方法についてはまた別の機会にお伝えしていくが、運転資金については“返済をしない”というのが正しい資金調達方法である。返済をしない借入なんてあるの?と思われるかもしれないが、それが正しい借り方で世の中の常識が間違っているのだ。会社を継続・存続し続けるためにはこういった財務の知識が必要不可欠となる。正しい知識を身につけて強く潰れない会社へと成長していきましょう。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

資金繰りが悪化しているのに売上を増やすな!

「いやいや、資金繰り悪化してるんだから売り上げ増やさなきゃだめじゃん」って思いますよね。

なぜ資金繰りが悪化したら売上を増やすな、と言うのか? この意味を考えてみてください!

資金繰り改善のために何か施策を打とう! と言ってもお金がなければ打てる施策もないわけです。

じゃあ、どんなことをやればすぐに改善できるのか? ぜひ動画でご確認ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:49 「資金繰り悪化したら売上増やすな!」ってなんそれ?
03:24 【図解】運転 資金とは?
04:54 コストカットするときの重要ポイント!
06:03 資金繰りが厳しい会社の究極の打ち手!
08:10 公式LINE登録で「経営者向けスペシャル動画3本」プレゼント!

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com/

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://www.youtube.com/watch?v=tTvTy0_Xh4g&list=LL_ol-acdXf7dI7i18EyGHgwFacebookTwitterLineEmailSkype共有

このまま行ったら1年持たない。 資金さえあれば稼げるのに…。

赤字で債務超過の中小企業が増えています。

にもかかわらず危機感がない社長さんが多いんです。

社長は、従業員だけでなく従業員の家族も養っているという責任があります。

会社が厳しいのに退職金準備してる場合じゃないですよ!

社長「数字は見ないようにしてる」←これ現実逃避です!

もはや国も銀行も助けてくれません。

「コロナが収束するまで借りたお金で耐える、じっと待っていれば何とかなる。」というのは間違いです。

今年6月には6割の会社でコロナ融資返済が始まります。

いま現実と向き合う時!

コロナ時代の生き残り戦略とは?

公認会計士がお答えします!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:05 コロナ前から中小企業が抱える問題点
02:30 コロナ融資、返済始まったらどうなる?
07:04 まとめ~生き残り戦略~

【関連動画】 コロナ前から抱える中小企業にお金が無い本当の理由→https://youtu.be/i9twlffJwiM

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

社長「うちは今お金もあるし大丈夫だよ。」

社長、本当に大丈夫ですか?
返済が始まっても問題ありませんか?
今の利益で返済できますか?

社長「ん~、・・・・・。」

もっと早く相談してくれれば打つ手はいくらでもあった。

どんな会社がやばいのか? 危険な兆候を教えます!

自分の会社があてはまっていないかチェックしてみてください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:09 どんな会社が危ないのか?
04:06 危険な兆候その1
08:26 危険な兆候その2
12:32 危険な兆候その3
13:20 危険な兆候その他
15:14 まとめ

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

コロナ融資で必要以上に多く借りた会社は、今後返済が始まってめちゃくちゃ資金繰りが悪くなります。

経営者のみなさん
「会社が倒産したら回収できないんだから最終的には銀行が助けてくれるだろう」と思っていませんか?

今後、銀行はお金を貸してくれません。

銀行だって、「長い付き合いだから助けてあげたい」という思いはあるかもしれません。

しかし、貸したくても貸せない理由があるんです。愛想を尽かしたからではないんです。

銀行が貸してくれないなら、どうしたらいいんでしょうか?

公認会計士がお答えします!

コロナに負けず、生き残れる強い会社にしていきましょう!

⏩もくじ
00:00 銀行がお金を貸さない理由①
03:08 銀行がお金を貸さない理由②
10:00 どう対処していくべきか?

【関連動画】 中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは? https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

コロナ融資の枠も使い切っちゃって、融資を受けようと思っても銀行が相手にしてくれない。

しかも、コロナ融資の返済が始まるし、この先の資金繰りが心配で眠れない。

そんな時、救世主となるのが「日本政策金融公庫」です!

「銀行がダメなら信用金庫とか信用組合だってあるじゃん!?」

確かに、信用金庫も大きな力になってくれますが、最後の救済策は日本政策金融公庫じゃないとダメな理由があるんです!

なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:40 資金繰りに不安を抱えている経営者は絶対コレをやってください!
02:05 経営者の一番の悩みとは?
03:57 資金繰り表を作ったら次にやること!
05:58 なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?
07:41 本当に国は支援する気があるのか?

【関連動画】
先が見えない経営不安を取り除く魔法のツール「資金繰り表」 https://youtu.be/JJl9tAWudhI
中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは? https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

Q 新型コロナの影響で銀行から運転資金を借りました。しかし、それが原因で財務状況がより悪化してしまい、新たな融資を受けるのが厳しくなってしまいました。もう倒産するしか道はないんでしょうか?

A いや、諦めるのはまだ早い。借りられる可能性が残ってますよ!

公認会計士市ノ澤が最後の救済策についてお話します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:19 資本性劣後ローンって知ってますか?
04:19 資本性劣後ローンってどういう制度?「劣後」ってどういう意味?
05:50 融資の期間・条件
07:30 資本性劣後ローンのメリット&デメリット
10:05 返済期日が来たら全額返済しないといけない!?
11:00 手遅れになる前に早めにご相談ください!

お問い合わせはこちら→https://monolith-partners.net/contact/

【関連動画】 残念!コロナ融資でません→https://youtu.be/AVbWf8-qNlU

今まで銀行のほうから「お金借りてください」って来てたのに、

今後「折り返し融資」出なくなる可能性があります。

なぜもう借りられないのか? その理由もお話しています。

いつまでも銀行に頼っていられない。

まずは自社の経営状況を把握するところから始めてみましょう!

そのために絶対これをやってください!

⏩もくじ
1️⃣オープニング~今後の融資どうなる?~
2️⃣投資資金と運転資金の違いを分かりやすく解説します!
3️⃣資金が回っていないことを示す予兆とは?
4️⃣なぜコロナ融資使っているともう借りられないのか?
5️⃣自社の経営状況を把握するために、これだけは絶対にやってください!

ぜひご覧ください!

コロナ禍でもレクサスが爆売れしているのをご存知でしょうか?

トヨタの売上高も過去最高となっています。

しかし、なぜ「いま高級車が売れる」のでしょうか?

そんなにお金が余っているのでしょうか?

公認会計士・税理士市ノ澤がその理由を教えます!

⏩もくじ
オープニング~レクサス売上絶好調!トヨタ過去最高益の理由~
中小企業の支援になっていないヤバイ状況
なぜ借金で無駄遣いするんですか?
「社長やばいです!今年利益こんなに出ちゃいます!」
自己資本比率が低い会社は〇〇〇〇がストップする!

ぜひご覧ください!