前回の動画に続きになります。経営者保証が禁止になることでメリット、デメリットがあります。

メリット → リスクがなくなること。
連帯保証にならなくて良いので、どんどんチャレンジしやすくなります。

デメリット → お金を借りにくくなること。
金融機関が負うリスクが大きくなるため、より慎重に事業の将来性を判断することが予想されます。今後は粉飾も見破られるでしょう。

ちゃんとした経営計画書を作らなければ融資を引っ張ることができずに、挑戦すらできないといった状況になります。

経営者保証が禁止になることによって、本業で利益を出さないと生き残っていくべきではないと判断されてしまいます。

具体的に何をするべきか?詳しくは動画をご覧ください。

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:53 経営者保証禁止のメリット、デメリット
04:07 今後、粉飾は簡単に見破られます
08:28 生き残る為にやるべきこと

⭐️公式LINE  https://line.me/R/ti/p/@854agwjl

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

11月1日の日経新聞の記事にこんな記事が載りました。 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

金融庁は2023年から、金融機関の中小企業向けの融資で経営者保証(会社の借金の連帯保証人に社長がなる事)を実質的に制限・禁止する。 金融機関は経営者による補償の必要性などを具体的に説明しなければ経営者保証を要求できなくなる。 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今後はより強制力を持って保証依存体質を解消しようということです。

「やったー!連帯保証人にならなくてもお金を借りられるようになる!」と思いますか?
実際はそんな単純な話ではありません。

基本的には朗報ですが、なんとなく成り行きでやってきた会社にとっては逆に厳しい結果となってしまう可能性もあります。

社会にとって必要な会社、実力のある会社は生き残りますが、 粉飾してる会社や将来性の無い会社は淘汰されていく時代になっていきます。
詳しくはぜひ動画をご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:18 連帯保証人にならなくても借金ができる?!
03:01 ポイント① 挑戦しやすくなる
04:12 ポイント② お金が借りにくくなる
06:53 今後、最低限やらなければいけない3つのこと

⭐️公式LINE  https://line.me/R/ti/p/@854agwjl

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

「補助金使えるならあれやろう!」と補助金申請してしまう。

そんな安易な発想はやめましょう!

補助金を使ったせいで会社がめちゃくちゃになって倒産してしまうケースもあります。

補助金で経営者が陥ってしまう罠

そこには人の習性が大きく関わっているんです。

その「習性」とは?


補助金・助成金の種類は約●種類あります。※答えは動画をチェック!
しかし、実は使えるものがあったのに利用してなかったというケースがめちゃくちゃあります。気付いた時には終了してるということも…。

そんなことにならないように、最新の情報を取りにいきましょう! J-Net21で検索すると地域や分野を絞って検索できるので便利です。
https://j-net21.smrj.go.jp/snavi/inde…

⏩もくじ
00:00 補助金・助成金どのくらい種類ある?
01:17 補助金で経営者が陥ってしまう罠
06:12 事業再構築補助金の落とし穴!
09:05 公式LINEで動画3本プレゼント中

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

🌈4/21無料オンラインセミナー https://aidomamonoriso-.peatix.com/