存続が危ない年商1億以下の中小企業 
いま余裕があったとしても中小企業の経営者の方は最後まで見てください!

人間が楽に感じるのは「現状維持」
今のままが居心地がいいんです。
だから、苦しくならないと動かない。
苦しくなった時にはもう遅い‥

社長が「変わる」という覚悟をもって動かなければ、会社は良くなりません。
社長が覚悟を決めること、それが重要です!

今回の動画内容は、以下のもくじの通り。
自分の会社が「存続が危ない年商1円以下の会社」に当てはまっていないか?
成功者の共通点とは何なのか?
要チェック!

⏩もくじ
00:00 オープニング
05:08 うまくいっている会社がやっていること!  
06:18 存続が危ない年商1億円以下の会社とは?
09:19 成功者の共通点&社長がすべきこと

⭐️コロナ融資の出口戦略セミナー https://ex-pa.jp/item/39139/s160645
⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw

このまま行ったら1年持たない。 資金さえあれば稼げるのに…。

赤字で債務超過の中小企業が増えています。

にもかかわらず危機感がない社長さんが多いんです。

社長は、従業員だけでなく従業員の家族も養っているという責任があります。

会社が厳しいのに退職金準備してる場合じゃないですよ!

社長「数字は見ないようにしてる」←これ現実逃避です!

もはや国も銀行も助けてくれません。

「コロナが収束するまで借りたお金で耐える、じっと待っていれば何とかなる。」というのは間違いです。

今年6月には6割の会社でコロナ融資返済が始まります。

いま現実と向き合う時!

コロナ時代の生き残り戦略とは?

公認会計士がお答えします!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:05 コロナ前から中小企業が抱える問題点
02:30 コロナ融資、返済始まったらどうなる?
07:04 まとめ~生き残り戦略~

【関連動画】 コロナ前から抱える中小企業にお金が無い本当の理由→https://youtu.be/i9twlffJwiM

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

社長「うちは今お金もあるし大丈夫だよ。」

社長、本当に大丈夫ですか?
返済が始まっても問題ありませんか?
今の利益で返済できますか?

社長「ん~、・・・・・。」

もっと早く相談してくれれば打つ手はいくらでもあった。

どんな会社がやばいのか? 危険な兆候を教えます!

自分の会社があてはまっていないかチェックしてみてください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:09 どんな会社が危ないのか?
04:06 危険な兆候その1
08:26 危険な兆候その2
12:32 危険な兆候その3
13:20 危険な兆候その他
15:14 まとめ

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

コロナ融資で必要以上に多く借りた会社は、今後返済が始まってめちゃくちゃ資金繰りが悪くなります。

経営者のみなさん
「会社が倒産したら回収できないんだから最終的には銀行が助けてくれるだろう」と思っていませんか?

今後、銀行はお金を貸してくれません。

銀行だって、「長い付き合いだから助けてあげたい」という思いはあるかもしれません。

しかし、貸したくても貸せない理由があるんです。愛想を尽かしたからではないんです。

銀行が貸してくれないなら、どうしたらいいんでしょうか?

公認会計士がお答えします!

コロナに負けず、生き残れる強い会社にしていきましょう!

⏩もくじ
00:00 銀行がお金を貸さない理由①
03:08 銀行がお金を貸さない理由②
10:00 どう対処していくべきか?

【関連動画】 中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは? https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

・生産性の低い中小企業が自主的に廃業することはむしろ望ましい。

・潰れるべき会社は淘汰されて新しい会社が入ってきて新陳代謝をしていくべきだ。

・もう、ばら撒きはしない。延命措置もしない。 

これが国の考えです。

では、どういう会社が切り捨てられてしまうんでしょうか? 

淘汰されずに生き残るためにはどうしたらいいんでしょうか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:51 国がどういう考え方をしているか?
04:52 菅前首相のブレーン“デービット・アトキンソン”が問題視していること
07:20 自己資本はどうすれば増えるか?
10:31 なぜ国は「中小企業は淘汰されるべき」と考えているのか?
12:57 まとめ

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw

申告もしてない
帳簿もつけてない
赤字で税理士も頼めない

お店やってて「申告したことない」とか「年間の売上ゼロ」ってありえるんでしょうか?

そんな事業主が支援金をもらおうとする事態。

「もらえるものはもらいたい!」

確かにその気持ちは分かります。

しかし、これまで国の支援金は、本来支援すべきところに届いていないという現実があるんです。

今回は、そんな事業復活支援金の闇についてお伝えします!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:37 事業復活支援金って何?
02:10 事業復活支援金の闇 
04:33 不正受給の実態

⭐️公式LINE  https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー  https://lp.bsports.work/waiting-optin8f6qwflc

コロナ融資の枠も使い切っちゃって、融資を受けようと思っても銀行が相手にしてくれない。

しかも、コロナ融資の返済が始まるし、この先の資金繰りが心配で眠れない。

そんな時、救世主となるのが「日本政策金融公庫」です!

「銀行がダメなら信用金庫とか信用組合だってあるじゃん!?」

確かに、信用金庫も大きな力になってくれますが、最後の救済策は日本政策金融公庫じゃないとダメな理由があるんです!

なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:40 資金繰りに不安を抱えている経営者は絶対コレをやってください!
02:05 経営者の一番の悩みとは?
03:57 資金繰り表を作ったら次にやること!
05:58 なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?
07:41 本当に国は支援する気があるのか?

【関連動画】
先が見えない経営不安を取り除く魔法のツール「資金繰り表」 https://youtu.be/JJl9tAWudhI
中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは? https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

日本政策金融公庫って?

個人にとっては馴染みがないけど、中小企業にとっては資金を借りる際に大きな味方となってくれる存在です。

「銀行で借りればいいじゃん!」と思うかも知れませんが、まだ事業を始めたばっかりで実績がない会社だったらどうでしょうか?

なかなか融資は難しいかも知れません。

しかし、公庫には銀行にない大きなメリットがあったりします。

今回はそんな日本政策金融公庫について公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:13 日本政策金融公庫って何なの?
03:11 結局、銀行と公庫どっちを使ったらいいの?
05:24 日本政策金融公庫を詳しく解説! 
06:22 資金調達する際の重要ポイント!
06:59 告知

【関連動画】
信用金庫との付き合い方3か条 https://youtu.be/hNQq9gMRHcw
なぜ信用金庫は親身になってくれるのか? https://youtu.be/0ApmmeO5z1M

銀行が扱いたくない小さい案件でも信用金庫は丁寧に取り扱ってくれる。

銀行が相手にしてくれない会社でも信用金庫はぞんざいに扱ったりしない。

なぜ信用金庫は親身になって対応してくれるのでしょうか?

公認会計士市ノ澤が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:42 信用金庫と銀行はどういう違いがあるのか?
02:54 なぜ信金・信組が誠実に対応してくれるのか?
04:39 なぜ信金・信組が親身になってくれるのか?
07:19 まとめ

【関連動画】
幽霊銀行員による横領事件https://youtu.be/qIvb23qlNLY
信用金庫との付き合い方3か条https://youtu.be/hNQq9gMRHcw

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

PR TIMES様が配信したリリースに「コロナ融資の返済が9月より開始で倒産増加予想。資金繰りを改善しコロナ倒産を未然に防ぐためのサポート開始!」と題して、弊社の新サービスを掲載頂きました。

 

(PR TIMES様プレスリリースより一部抜粋)