資本性の意味するところとは?

今回は前回のコラムでコロナ融資で傷んでしまった会社の最後の救済策としてお伝えした”資本性劣後ローン”について解説する。
資本性劣後ローン自体は実はコロナ前から存在はしていたがほとんど活用されていない、というのが実態であった。しかし今回話題としてあげさせていただいているコロナ対策型の資本性劣後ローンは非常に活用しやすいものとなっている。

資本性劣後ローンは日本政策金融公庫や商工中金といった政府系金融機関を利用した融資制度で借入の期間が5年1カ月、7年、10年、15年、20年と長期にわたっており期限一括返済となるため、融資期間中の元本返済が不要とされている。つまり融資を受けた金額全額を事業に回すことが可能となる。一般的な証書貸付では借入をした瞬間から返済が開始されるため、実際には借入を行った全額を事業投資に回すのが難しいのだが資本性劣後ローンはそれが可能となっている。

金利も優遇されており、例えば日本政策金融公庫の場合、当初3年間は0.5%3年経過後は借入年数と業績によって変動するが赤字の場合はずっと0.5%、黒字転換した場合は借入期間によって2.6%から最大で2.95%となっている。2.95%は高過ぎると考える方もいるかもしれないが、この制度は本来新規の借入など出来ないような状態に陥ってしまった会社であっても取り組みが可能となっており、貸す側の立場から考えると相当程度リスクが高い融資となるため決して高いとは言えない。

資本性劣後ローンを利用するメリットは借入期間中元本返済が無い事、金利が低い事ともう一つ大きなポイントがある。それがこの資本性劣後ローンによって調達した資金は金融検査上自己資本とみなされる。という所にある。つまり他の金融機関が会社を評価する際に資本性劣後ローンを資本とみなしてくれるため、評価が上がり、他の金融機関からの借入も受けやすくなる。という事が考えられるのだ。

基本的にメリットしかないと言える資本性劣後ローンだが利用のハードルは当然低くはない。根拠のある経営計画書を作りこんで金融機関に提出することが必要なのはもちろんの事、一番のハードルは民間金融機関の強調同意を得る事といえる。

協調同意って何?

協調同意と協調融資は言葉は似ているが内容は全く異なっている。
実は銀行マンでも正しく理解していない方が多いのだが、協調融資は金額や期間などの条件面を揃えて複数の金融機関が協調して融資を行う事であるのに対して、資本性劣後ローンの条件となっている協調同意は政府系金融機関から資本性劣後ローンを受ける際にそれと強調して民間の金融機関も支援をするという取り組みの事を言う。つまり金額や期間などを揃える必要はなく一緒に支援(融資)をするという同意が得られれば良いという事だ。民間の金融機関の担当者もこの事を理解しておらず協調融資と混同して支援できませんなどと言ってくるケースもあるのでちゃんと相手が理解しているのかどうかを確認して話を進める必要がある。

いずれにしてもコロナ融資を満額まで使用してしまい、新規で融資を引っ張ることが困難な状況にある会社の資金難を解決する最後にして最強の救済策ともいえる資本性劣後ローン、興味がある方は是非取り組んでみてはいかがでしょうか。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

決算書の正しい読み方とは

全ての会社が(通常)1年に1回決算を行い決算書の作成等を行っていますが、その決算書を正しく活用できていますか?
決算は税金計算の為に行うわけではありません。もちろん法律で決まっている事なので税金計算も重要な事で当然行う必要はありますが、決算書にはもっと重要な役割があります。

決算書には現状を正しく把握し会社の未来を良くするために活用するという重要な役割があるのです。会社経営をして事業を行っていくうえで必ず目的や目標、5年後10年後に会社をどうしていきたい、という理想像や未来像を描いて日々経営を行っているはずです。その将来の目標を数字に置き換え、その数字を達成する為に何をするか、という行動目標をまとめたものが経営計画であり、その計画を元に日々経営を行い目標達成のために改善し続けていく事で理想の実現に近づいていきます。

たまにゴールの決まっていないマラソンでも常に全力疾走し続けられるような経営者、経営計画を作らず目標を決めずとも常に全力でやり切れる経営者もいますがこういった方はかなり特殊で、多くの経営者にとって経営を行っていくうえで経営計画書は非常に重要なツールになります。

将来の目標が決まっていたとしても、現状を正しく把握する事が出来ず今どこにいるのかが分からなければどうやって、どの道を通ってゴールに進んでいけばいいのかが分かりません。そこで現在の立ち位置を正しく把握するツールとして決算書が役に立つのです。もちろん月次決算を行い常に現状把握や目標の達成度合いを行い、こまめに軌道修正をし続ける事が目標達成のためには必要不可欠ですが、年に1回の決算書すら見ていないケースが多く見受けられるのが中小企業の現状です。

とは言え決算書を見ると言ってもどこをどう見ればいいのか分からない、誰も教えてくれないし、数字は苦手で会計事務所に任せてるから俺は現場で仕事さえしていれば大丈夫。そんな風に考えている経営者さんも多いのではないでしょうか?実はこれめちゃくちゃ危険な兆候です。なぜなら会計事務所が任されているのは過去の数字を正しく処理することだけであり未来を良くすることは含まれていないからです。

「税理士から何のアドバイスもない」と言う不満をよく耳にすることがありますがそれもそのはず、会社に経営のアドバイスをするという業務を請け負っている認識も無ければその能力もないという期待ギャップが生じてしまっているのです。もちろんすべてのケースがそうではないですし、能力の高い税理士・会計事務所も沢山あります。ただ残念ながら激安の顧問料で何でもやります、というスタイルでそこまで望むのは難しいと言わざるを得ません。

会計事務所は労働集約型の産業なので単価を落とすという事はその分顧問先1社あたりにかけられる労働時間が減るという事に直結してしまうからです。そこで会計事務所がちゃんと会社の未来のことを考えて、携わっているのか?それを判断する指標として社長が数字に強いかどうか?決算書をちゃんと読み内容を正しく把握しているかどうか?という点が挙げられます。

どういうことかよくわかりませんよね、詳しく説明します。
会社を経営しているのは税理士ではなくあくまでも経営者自身ですよね?その点異論はないと思います。つまり会社の未来を良くしようと考えた場合社長と一緒に現状を数字を見て正しく把握して、改善する為に何をするか、という事を考えていかなければならないのですが、社長が数字に弱い、見ていないという事はそのプロセスが行われていないという事になります。毎月毎月数字を見てあーでもないこーでもないとやっていれば必然的に数字に強くなっていくものなのです。

にもかかわらずそうなっていないという事は残念ながらそういう事です。そのまま成り行き経営を続けても継続的に成長し続けるという事は望めません。運よく一発当たると言う事はあるかもしれませんが継続できなければいずれうまく行かなくなります。

という事で本日は決算書の中でも特に重要な貸借対照表の読み方の基礎の基礎、について今日は解説していきます。

貸借対照表は何を表しているのか?

貸借対照表は3つのブロックで構成されていて、左側(借方)に資産の部、右側(貸方)に負債の部と純資産の部があります。左側(借方)と右側(貸方)のそれぞれの数字の合計額は一致します。貸方、借方が対照になっているになっているので貸借対照表という名前になっているのです。英語で言うとBalance Sheet(略してB/S)ですが、これは貸方と借方がバランス(一致)しているという事を表しています。(以下略してB/Sと表記します)

ではこのB/Sの左側(借方)と右側(貸方)それぞれが何を表しているのか、と言うと左側(借方)の資産の部は会社が持っている全ての資産のリストです。現預金、機械装置、車両運搬具、土地、建物、株、全ての資産がここに表示されます。これに対して右側(貸方)が何を表しているのかと言うと会社の持っている資産(資金)をどのような形で調達して来たのかという調達源泉を表しています。

例えば純資産の部に計上されている資本金は株主から調達してきた金、繰越利益剰余金は会社が過去に稼ぎ出した利益で調達した金という事を表しており、負債の部に計上されている借入金は金融機関などの会社にとって外部の第三者から調達してきた金という事を表しています。負債は当然他人から調達してきた金なのでいずれ返済しなければなりません。つまり将来的に出ていってしまう金です。これに対して純資産は自分(会社の持ち主である株主)で調達した金なので返済する必要はありません、つまり会社に残る金です。

会社の金の調達源泉として他人の金である負債がほとんど、という状態ではほとんどの資産がいずれ社外に流出していってしまう為いつまで経っても資金繰りは楽になりません。資金繰りを良くしようと思ったら会社の総資産に占める自分の金(自己資本)の比率を高めていく必要があります。

まず今日は、貸借対照表は3つのブロックで構成されている事、左側(借方)と右側(貸方)にはそれぞれ意味があり右側(貸方)は会社の金の調達源泉を表している事、左側(借方)は調達してきた金の運用使途を表している事、調達源泉によって将来出ていく金なのか会社に残る金なのかが異なっており、残る金の割合を増やしていかないと資金繰りが楽になることは無い事。を覚えておいていただければと思います。

資金繰り改善の方法、つまり自己資本の割合を増やしていくためにはどうすればいいのかという話はまた次回お伝えさせていただきます。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

会社は赤字だけど役員報酬2000万円もらってます
家族旅行を接待交際費として経費計上してます
会員のゴルフクラブで週3プレーしてます
週末は温泉付き別荘に行きます
ランボルギーニ乗ってます

みたいな社長いませんか?

会社のお金を無駄遣いする社長

私は経営に関する数字のプロなので 数字に基づいた人格の話をします。

決算書を見れば社長の人格が分かる!

どこを見ると分かるでしょうか?

ぜひ動画でご確認ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:10 社長・経営者の人格
02:43 社長の無駄遣いをどうやって見分けるのか?
11:36 公式LINE登録で「経営者向けスペシャル動画3本」プレゼント!

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

銀行とうまく付き合っていくうえで「これがあったらダメ!」という勘定科目が3つあります。

銀行員は決算書を見て、「こりゃダメだな…」と思ってもストレートに言ってくれません。

なので、今回は「銀行員が教えてくれない決算書の秘密」を公認会計士が教えます!

加えて

多くの経営者の方々と接してきた公認会計士・税理士という立場から、無借金経営をする社長さんの共通点もお伝えします!

ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:37 中小企業にとって金融機関が重要な理由
03:14 銀行がお金を貸したくないダメ勘定科目3選!
06:12 貸借対照表で図解します!
09:07 告知

🔰4/6コロナ融資の出口戦略セミナーin仙台商工会議所 https://ex-pa.jp/item/39139/s160645

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

・生産性の低い中小企業が自主的に廃業することはむしろ望ましい。

・潰れるべき会社は淘汰されて新しい会社が入ってきて新陳代謝をしていくべきだ。

・もう、ばら撒きはしない。延命措置もしない。 

これが国の考えです。

では、どういう会社が切り捨てられてしまうんでしょうか? 

淘汰されずに生き残るためにはどうしたらいいんでしょうか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:51 国がどういう考え方をしているか?
04:52 菅前首相のブレーン“デービット・アトキンソン”が問題視していること
07:20 自己資本はどうすれば増えるか?
10:31 なぜ国は「中小企業は淘汰されるべき」と考えているのか?
12:57 まとめ

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw

銀行に新規融資断られちゃって資金繰りが厳しい

そんなコロナで痛んでいる会社が融資を受けられる最後のチャンス!

ここを逃したら新規融資は受けられない

そんな「資本性劣後ローン」とは何か?公認会計士市ノ澤が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:22 ことし中小企業支援策の目玉になる「資本性劣後ローン」
02:23 資本性劣後ローンって何?
05:59 融資の条件
08:09 メリットとデメリット
11:42 融資を勝ち取るにはどうしたらいいか?
13:43 モニターキャンペーンについて

【10社限定】資本性劣後ローン支援モニターキャンペーン
お問い合わせはこちら✉️
https://monolith-partners.net/contact/

【前編】赤字債務超過でも融資OKのパターン!→https://youtu.be/TKxcGevhT84