資本性の意味するところとは?

今回は前回のコラムでコロナ融資で傷んでしまった会社の最後の救済策としてお伝えした”資本性劣後ローン”について解説する。
資本性劣後ローン自体は実はコロナ前から存在はしていたがほとんど活用されていない、というのが実態であった。しかし今回話題としてあげさせていただいているコロナ対策型の資本性劣後ローンは非常に活用しやすいものとなっている。

資本性劣後ローンは日本政策金融公庫や商工中金といった政府系金融機関を利用した融資制度で借入の期間が5年1カ月、7年、10年、15年、20年と長期にわたっており期限一括返済となるため、融資期間中の元本返済が不要とされている。つまり融資を受けた金額全額を事業に回すことが可能となる。一般的な証書貸付では借入をした瞬間から返済が開始されるため、実際には借入を行った全額を事業投資に回すのが難しいのだが資本性劣後ローンはそれが可能となっている。

金利も優遇されており、例えば日本政策金融公庫の場合、当初3年間は0.5%3年経過後は借入年数と業績によって変動するが赤字の場合はずっと0.5%、黒字転換した場合は借入期間によって2.6%から最大で2.95%となっている。2.95%は高過ぎると考える方もいるかもしれないが、この制度は本来新規の借入など出来ないような状態に陥ってしまった会社であっても取り組みが可能となっており、貸す側の立場から考えると相当程度リスクが高い融資となるため決して高いとは言えない。

資本性劣後ローンを利用するメリットは借入期間中元本返済が無い事、金利が低い事ともう一つ大きなポイントがある。それがこの資本性劣後ローンによって調達した資金は金融検査上自己資本とみなされる。という所にある。つまり他の金融機関が会社を評価する際に資本性劣後ローンを資本とみなしてくれるため、評価が上がり、他の金融機関からの借入も受けやすくなる。という事が考えられるのだ。

基本的にメリットしかないと言える資本性劣後ローンだが利用のハードルは当然低くはない。根拠のある経営計画書を作りこんで金融機関に提出することが必要なのはもちろんの事、一番のハードルは民間金融機関の強調同意を得る事といえる。

協調同意って何?

協調同意と協調融資は言葉は似ているが内容は全く異なっている。
実は銀行マンでも正しく理解していない方が多いのだが、協調融資は金額や期間などの条件面を揃えて複数の金融機関が協調して融資を行う事であるのに対して、資本性劣後ローンの条件となっている協調同意は政府系金融機関から資本性劣後ローンを受ける際にそれと強調して民間の金融機関も支援をするという取り組みの事を言う。つまり金額や期間などを揃える必要はなく一緒に支援(融資)をするという同意が得られれば良いという事だ。民間の金融機関の担当者もこの事を理解しておらず協調融資と混同して支援できませんなどと言ってくるケースもあるのでちゃんと相手が理解しているのかどうかを確認して話を進める必要がある。

いずれにしてもコロナ融資を満額まで使用してしまい、新規で融資を引っ張ることが困難な状況にある会社の資金難を解決する最後にして最強の救済策ともいえる資本性劣後ローン、興味がある方は是非取り組んでみてはいかがでしょうか。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

コロナで資金が回らない。
コロナのせいだ…。
コロナさえなければ…。

資金繰りが悪化しているのは本当にコロナのせいでしょうか?

ちょっとコロナ前の財務状況を思い出してみてください。

借金で借金を返していませんでしたか?

「金が足りなくなれば銀行が貸してくれる」と高をくくっていませんでしたか?

コロナ以降、新規融資は厳しくなりました。

それでは、今後資金繰りを改善していくにはどうすればいいんでしょうか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:06 中小企業の資金繰りで何がコロナ前から問題だったのか? 
04:17 コロナ融資の返済が始まったらどうなるか?
06:47 資金繰りを改善するためにはどうすればいい?

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw

銀行が扱いたくない小さい案件でも信用金庫は丁寧に取り扱ってくれる。

銀行が相手にしてくれない会社でも信用金庫はぞんざいに扱ったりしない。

なぜ信用金庫は親身になって対応してくれるのでしょうか?

公認会計士市ノ澤が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:42 信用金庫と銀行はどういう違いがあるのか?
02:54 なぜ信金・信組が誠実に対応してくれるのか?
04:39 なぜ信金・信組が親身になってくれるのか?
07:19 まとめ

【関連動画】
幽霊銀行員による横領事件https://youtu.be/qIvb23qlNLY
信用金庫との付き合い方3か条https://youtu.be/hNQq9gMRHcw

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

必ずしもメガバンクがいいとは限らない。

メガバンクは中小企業よりも大企業を相手にしているので、融資額が少さいと相手にもされない。

しかし、信用金庫は地域の企業を手厚く支援してくれる。

「どうにか支援できないか?」真剣に考えてくれる。

銀行に相手にしてもらえない企業でも信用金庫なら… 

そうだ、信用金庫を味方にしよう!

今回はそんな信用金庫との上手な付き合い方についてお伝えします!

ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:09 銀行の種類すべて知ってますか?
02:23 信金と銀行は何が違う?
06:10 信金との付き合い方ポイント1 
07:51 信金との付き合い方ポイント2
10:40 信金との付き合い方ポイント3
12:23 まとめ

⭐️資金繰り&融資攻略セミナ-
https://lp.bsports.work/waiting-optin8f6qwflc

銀行に新規融資断られちゃって資金繰りが厳しい

そんなコロナで痛んでいる会社が融資を受けられる最後のチャンス!

ここを逃したら新規融資は受けられない

そんな「資本性劣後ローン」とは何か?公認会計士市ノ澤が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:22 ことし中小企業支援策の目玉になる「資本性劣後ローン」
02:23 資本性劣後ローンって何?
05:59 融資の条件
08:09 メリットとデメリット
11:42 融資を勝ち取るにはどうしたらいいか?
13:43 モニターキャンペーンについて

【10社限定】資本性劣後ローン支援モニターキャンペーン
お問い合わせはこちら✉️
https://monolith-partners.net/contact/

【前編】赤字債務超過でも融資OKのパターン!→https://youtu.be/TKxcGevhT84

赤字債務超過の会社が融資を受けるのは厳しい。

それは当たり前の話ですが、厳しいからといって100%ダメなわけではありません!

実は赤字債務超過の会社でも借りられるケースがあるんです。

・銀行はどうやって貸す・貸さないを決めているのでしょうか?
・会社をどうやって評価しているのでしょうか?

銀行に聞いてもふつうは教えてくれません。

そこで今回は銀行の審査基準とともに「こういうケースなら借りられる可能性がありますよ!」というお話をします。

ボリュームいっぱいなので前編・後編にわけてお送りします。

ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:53 融資の基本的な考え方
04:18 銀行がお金を貸す・貸さないの判断基準
05:43 三次評価の潜在的返済能力とは?その1
07:38 三次評価の潜在的返済能力とは?その2 

【関連動画】 中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは?→https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

💌お問い合わせはこちら https://monolith-partners.net/contact/

「銀行は晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる」

とよく言われますが、銀行がお金を貸さない理由って何でしょうか?

「そりゃ赤字の会社には貸さないよね」

確かにそうですが、それ以外に大きな理由があったんです。

その本当の理由を公認会計士税理士市ノ澤翔がお伝えします!

市ノ澤YouTubeでご覧ください!https://youtu.be/5QiTnYtoRBU

会社の資金繰り、お金の管理悩んでいる社長に朗報です!

このチャレンジでお金の知識を学ぶことで

こんな未来が手に入ります!
  •  売上そのままで利益を増やせる!
  •  会社の資金繰りをよくする方法がわかる!
  •  銀行から好条件で融資を引っ張れる資金調達の極意がわかる!
  •  会社の状況に応じで一番利益が出るようになる打ち手がわかるようになる
  •  自分の会社のお金の状況がキレイにわかるようになる

お申し込みはこちら

3日間であなたが手に入れるオンランコースの全体像

 

3日間で会社の数字に強くなり、売上そのままでも

利益率を上げるようになるためのステップをご紹介します!

Day#1-お金が残らない理由はここにある!数字が苦手な方でも理解できる世界一簡単なキャッシュフロー把握術

プロの財務コンサルが使用している、決算書の読み方、分析手法を伝授し、事例決算書を用いて決算書分析を行っていただきます。第1日目は会社の資金繰りを劇的に改善する為に必要な正しい現状把握の方法、ほとんどの人が知らないキャッシュフローの落とし穴について完全に理解していただきます。難しい数字の理解は必要ありません。簡単で楽しくワクワクする数字の世界に導きます!

Day#2-銀行が会社をどう評価しているのかを理解し、資金調達の極意を学ぶ

自社の決算書を用いて現状の銀行格付を算出します。

設備投資や新規事業を行う際の投資資金は基本的に金融機関からの融資によって行うことになります。ですが、ほとんどの中小企業が銀行の判断基準を理解していません。決算の組み方ひとつで銀行の評価は一変するのです。銀行がお金を借りてくださいと頭を下げに来る決算書の組み方を理解します。

 

Day#3-あなたの会社の現状の正確な立ち位置、キャッシュリッチ経営の為の打ち手を理解する

会社を継続、存続させていくためにはお金が必要です。お金さえあれば基本的に会社が倒産する事は有りません。その企業活動の源泉とも言えるお金、あなたの会社に残るお金を最大化する方法を学び、キャッシュリッチな会社へと成長するための打ち手を理解します。残念ながらほとんどの会社がお金を残すためと思って行っているある行動がお金を無くす要因になっているのです。常識を覆すキャッシュリッチ経営を知り、お金に困ることなく好きな時に好きな事が出来る会社への成長を実現します。

お申し込みはこちら

さらに!この特別な3日間チャレンジに参加するとこんな参加特典をもらえます!

参加特典1

好条件で融資が引っ張れる

資金繰り計画表マニュアル
銀行が融資をするかどうかの判断で一番重視するのが貸したお金が返ってくるのか?です。この資金繰りの計画表を使って返済計画を示せば、好条件での融資も引っ張れるようになります。

参加特典2

ChatWork によるフォローアップ

あなたのビジネス構築を助ける特別なWork Bookをプレゼント!このWorkBookは事前配布され、あなたはそれに書き込みながら、このWorkBookは課題の完成を確実にサポートしオンラインコース構築を後押しするでしょう!2週間

参加特典3

特別節税マニュアル

税金のことが難しくてわからなくても大丈夫!税金の知識があれば、もっと節税可能です。手元に残すお金を最大化し、お金に困らなくなるためのマニュアルをプレゼント!

Secret#1 そもそも税金とは?税金についてすべてがわかる!

Secret#2 節税の極意を知ろう!
Secret#3 必要経費について「経費にすべきものを把握し」しっかり節税!
Secret#4 税務調査について「税務調査が来たらどうなるのか?」「税務調査に入られやすい会社や」防ぐ方法を教えます!

さあ!利益の出る会社をつくる3日間チャレンジに

参加すると得られる全てをご覧ください!
  • Day #1 – 数字が苦手な方でも理解できる世界一簡単なキャッシュフロー把握術(¥35,000 Value)
  • ​​Day #1_2 – 「今のまま行くとどうなる?」会社の5年後の数字がわかるスペシャルワーク(¥15,000 Value)
  • Day #2 -銀行が会社をどう評価しているのかを理解し、資金調達の極意を学ぶ(¥25,000 Value)
  • ​Day #3 – あなたの会社の現状の正確な立ち位置、キャッシュリッチ経営の為の打ち手を理解する(¥55,000 Value)
  • 特典1-好条件で融資が引っ張れる資金繰り計画表マニュアル(¥50,000 Value)
  • 特典2-ChatWork によるフォローアップ(¥50,000 Value)
  • 特典3-特別節税マニュアル(¥29,800 Value)

Total Value : ¥259,800

参加費はたったの ¥3000

財務を学ぶことが経営が上手くいく最短・最速の方法です!
12月13日から3回のレッスンがあります…

Lesson #1:12月13日(月曜)21:00〜21:55

Lesson #2:12月14日(火曜)21:00〜21:55
Lesson #3:12月15日(水曜)21:00〜21:55

*Lesson#1〜#3はZOOMでのweb講義です!

お申し込みはこちら

講師紹介

税理士、公認会計士でありながら複数社を経営する

会社のお金にまつわるプロ
市ノ澤 翔(いちのさわしょう)
株式会社リーベルタッド 代表取締役
Monolith Partners 代表
一般社団法人IAM 代表理事
世界No.1会計ファーム(監査法人)である、
あらた監査法人( PwC Japan)に入社し世界有数の超一流企業の監査業務に従事
依頼される業務は全て「紹介」でキャンセル待ち状態になることも
数千万単位の赤字で債務超過(倒産寸前)の会社を1年で黒字化
関わった会社は「売上」ではなく「利益」ベースで数千万単位の
改善をしキャッシュが残る経営に転換させている

よくある質問

 数字が苦手なのですが大丈夫ですか?
もちろん!ご参加ください!このチャレンジトレーニングに参加することで数字が苦手な状態から、しっかりと会社をよくすることが出来るようになります!会社の数字を理解することは売上を上げる以上に会社を良くします、是非ご参加ください。
 講義の録画はありますか?
もちろんございます。しかし、実際の講義にご参加された方がより成果がしっかり出ます!可能な限りリアルタイムでの講義レッスンへの参加をお勧めします!
 Facebookグループはいつまで参加できますか?
このチャレンジトレーニング専用Facebookグループは閉鎖予定はございません。録画等もグループに残りますのでご活用いただけます。