【前編】はこちらから↓
https://youtu.be/R8A0vLj1gIA

御社が記帳代行を依頼している顧問税理士は正しい会計処理をしているでしょうか?
この動画を基に月次試算表をチェックしてください。
今回紹介するポイントは最低でもやってもらいたいことです!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:10 チェックポイントを説明していきます
01:17 その① 発生主義or現金主義
04:47 その② 消費税の処理方法
06:47 その③ 在庫の棚卸
08:36 その④ 社会保険料の処理
09:59 その⑤ 労働保険料・固定資産税等の引当計上
10:51 その⑥ 年払い費用の引当計上
11:30 その⑦ 減価償却費の概算計上
12:16 その⑧ 賞与引当金の処理
12:47 その⑨ 退職給付引当金
13:31 その⑩ 売掛・買掛・未払金等の処理  

☆こちらの動画も参考にしてください
■記帳代行の丸投げで正しい数字が出てくることはありません!情報という武器を失うとどうなるのか
https://youtu.be/j8qjS0mkA0Q

■安いほど良いは間違いです、経営者と税理士が最高のパートナーになるために考えるべきこと
https://youtu.be/YUrO1zAGGy0

■上手くいく経営者は例外なく数字に強い!!簿記を学んで本物の成功を。
https://youtu.be/z-eVlyG7wZM

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

今回は記帳代行の話【前編】です。

月3万円や5万円の顧問料で出てくる数字はデタラメです!
なぜか?税理士業界の闇とは…動画で詳しく説明します。

・税理士に記帳代行を丸投げして安心している社長
・なんか数字おかしいけど、面倒くさいので見て見ないふりをしている社長

今すぐ改めましょう。
数字とちゃんと向き合わなければ今後会社を良くしていく事は不可能です!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:16 御社の数字デタラメかもしれません!
06:28 正しいかどうかチェックする項目
08:40 公式LINE登録で「経営者向けスペシャル動画3本」プレゼント!

☆こちらの動画も参考にしてください
■記帳代行の丸投げで正しい数字が出てくることはありません!情報という武器を失うとどうなるのか
https://youtu.be/j8qjS0mkA0Q

■安いほど良いは間違いです、経営者と税理士が最高のパートナーになるために考えるべきこと
https://youtu.be/YUrO1zAGGy0

■上手くいく経営者は例外なく数字に強い!!簿記を学んで本物の成功を。
https://youtu.be/z-eVlyG7wZM

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

税理士・会計事務所の顧問料にいくら払っていますか?
どこの事務所もやっていることは同じだから安ければ安い方がいいと思っていませんか。
実は安さで選ぶと結果が大きく変わってきます。

例えば、食事の目的が「手の込んだ美味しい料理を食べて自分のお店にも活かしたい!」時。

A店 フルコースのフランス料理 30,000円
B店 近所の牛丼屋さん 300円

どちらを選びますか?
ただお腹を満たすだけなら牛丼で良いかもしれません(実際美味しい牛丼もあります)。
でも本来の目的(期待するリターン)を達成できるでしょうか。

税理士に対する顧問料も同様に考えられます。
税理士に期待することの一つは経営・財務のアドバイスを得て会社を良くしていくこと。
これは“投資”です。 投資で大切なのはリターンを得ること。

安い顧問料では期待するリターンは得られません。牛丼屋で「なんでシャトーブリアンが出てこないんだ!」と言っても無駄ですよね。 なんとなく生きていければいい場合は牛丼屋さんでもいい。 でも上を目指して人生の目標を達成する為に会社を伸ばしたい場合は投資が重要です。
ここに早く気付いて税理士との付き合い方を変えていきましょう。

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:56 顧問料の相場 安ければ安い程良い? 
04:07 税理士に期待することは2つ 
05:42 【重要!】経営・財務のアドバイス=投資=リターンを考える 
09:07 事務作業の代行は安い程良い? 

⭐️公式LINE  https://line.me/R/ti/p/@854agwjl

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

「希望はすべて叶いません」
なんて、悲しい言葉ですよね。でも事実なんです。

会社の状態が厳しいとわかった時、 経営者は非常に難しい判断をすることが必要になってきます。

例えば 5店舗経営をしている会社が、今年は会社全体で500万円の赤字だった時。 店舗ごとの業績を見ると1店舗で1000万円の赤字、 他の4店舗は黒字だということがわかりました。

この場合、経営者はどういう判断をしたら良いでしょうか。

赤字の穴埋めをする為に新たに事業を始めますか?
店舗を増やしますか?

いいえ、希望はすべて叶いません。

その意味とは??動画で詳しく解説します!

また会社の状態を正しく把握する方法、税理士を選ぶポイントも説明しています!
ぜひご覧ください。

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:40 会社の健康診断に来てください
05:55 税理士がいるのになぜ倒産するのか
08:13 本当に会社を良くしてくれる税理士を選ぶポイント
11:15 会社が厳しい時に経営者がやるべきこと 
15:25 公式LINE登録で「経営者向けスペシャル動画3本」プレゼント!

⭐️公式LINE  https://line.me/R/ti/p/@854agwjl

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

その売上目標に根拠はありますか?

会社を成長させ、社長の夢・目標を実現するためには経営計画の策定は必要不可欠です。ただ何となく日々過ごしているだけでは大きな目標を達成する事は出来ません。目指す場所を決め、そしてそこに到達する手段を検討しそれを実行する事で目標達成に近づいていきます。しかし、実際には経営計画書を策定している中小企業は驚くほど少ないというのが実態です。

つまり多くの会社が目標を持たずに成り行き経営を行っているという事です。それでうまく行く方が難しいというのは当然で実際約7割の中小企業は赤字経営に陥っているというのが今の日本の現実です。経営計画が無いという事自体が大きな問題ですが、本日の論点はそこではなく、経営計画を仮に作っていたとしてもその経営計画に根拠が無ければ意味が無いという事です。

経営計画を策定する際に売上目標を最初に立て、その売上に基づいてそれ以外の数字を作っていくという計画を見ることが良くあります。または、経営計画は作っていないまでも売上計画(売上目標)は立てているという会社もあるのではないでしょうか?果たしてその売上に根拠はありますでしょうか?

根拠のない売上目標、売上計画の達成可能性は非常に低いです。良くあるパターンとしては前期の10%アップみたいな形で前期100だったから今期の売上目標は110だ、という具合で毎期右肩上がりで売上が増加していく計画、ただエクセルの計算式を引っ張っただけという計画を策定しているケースも多いです。しかしこの前期比10%増の計画、仮に達成するとどうなるのでしょうか?一番重要ともいえる一定売上目標を達成したらどうなるのか?という事が抜け落ちているケースが非常に多いです。

達成したから何があるという事でもない目標など達成できるでしょうか?稀に達成できる方もいますがほとんどの場合は達成できず絵に描いた餅で終わるのです。そうではなく目標を達成するとどうなるのか、という結果を明確にする必要があります。そのためには売上目標の数字より先に決めることがあります。というより必要な売上というのは通常最後に決まるのが正しい順序になります。

例えば、5年後の理想の姿を実現する為に必要な利益それが決まっているのであれば、まず必要利益が最初に決まりそこからの逆算で必要な限界利益(粗利益)が決まり、更にそこからの逆算で必要な売上高が決まる。という形で必要な利益が決まっているから必要な売上高も分かるのです。現状資金繰りがマイナスになっている会社が資金繰りをプラスにするという目標を立てる場合でも同じです。売上目標を先に決めてしまっては必要なキャッシュを確保するためにその後の数字を適当に調整していく事になってしまい、仮に売上目標を達成したとしてもホントの目標であった資金繰りをプラスにするという所は実現しなかった。なんてことも普通に起こります。

このような目標の立て方をすると、到底実現できないような必要売上高が算出されることがあります。ですが、それはそれでいいのです。目標を達成する為に必要な売上高として現実離れした数字が出てきたという事であれば成り行きでは確実に実現できないことを目標としていたという事が分かるはずです。それだけでも1歩前進ですし、そうなった場合に目標を下方修正するのか、それともその数字を達成するための手段を考えて実行に移すのか。こういったことを検討するのが本当の経営ではないでしょうか?

でも、だけど、だって、しかし、と出来ない理由を考えるのは簡単ですが、その事には何の価値もありません。そうではなく一見達成不可能に見える目標であったとしてもどうすれば実現できるのか?それを考える事で道は開けていくのです。もちろん1発で全てがうまく行くなんてことは有りません。あらゆるパターンを試し、失敗を繰り返しながら目標達成を実現する。そんな思考で経営に取り組んでいきたいですね。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

こんな状態になっていませんか?

・外部に記帳代行を依頼している
・会社に経理はない

そのままでは、経営に一番重要な【情報】という武器を失うことになります!
情報を失わない為には簿記が必要です。
簿記は経営・商売をする上で重要な知識が山ほどあるんです!
これが分かっていればお金の流れが完璧にわかるようになります。

決算書もストレスなく読めて、
分析して改善していく作業もかなりスムーズになる。

回り道せずにストレートに会社を改善していけるんです。

計画立てて現状を把握して課題を抽出してそれを改善していく、これを繰り返していけば・・・
会社が良くならないはずがない!

経営者なら簿記を学んでおいて損はない。
ここだけ抑えておけば大丈夫というポイントをお伝えします。

これから簿記を受験する方もぜひ参考にしてください。

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:15 なぜ簿記?その重要性とは
04:19 決算書はどのように作られていくのか 
07:40 仕訳・勘定科目がわかればもう簿記2級レベルです!
16:34 これを実践すればトップ0.8%に入ります!本物の成功者になりましょう。
19:45 公式LINE登録で「経営者向けスペシャル動画3本」プレゼント!

⭐️公式LINE  https://line.me/R/ti/p/@854agwjl

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

ヤバい経営者の考え方とはいったい??

詳しくは、ぜひ動画をご覧ください!

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://www.youtube.com/watch?v=tTvTy0_Xh4g&list=LL_ol-acdXf7dI7i18EyGHgw

7割の会社は赤字
そして黒字でも倒産する会社が5,割と言われています。

経営が厳しいので 「そうだ、半額セールをやろう!」 と集客して売上が1.5倍に増えたら、利益もその分上がると思いますか?

実際にはそうはいきません。

なぜそうならないのでしょうか?公認会計士が解説します!

ぜひ動画をご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:20 経理とは?
04:28 社長が見るべき管理会計で重要なこと
07:11 具体的な数字で見る変動損益計算書
09:30 売上が増えれば利益も増えると思ってる間違い
09:54 財務は〇〇〇〇が一番重要
14:37 公式LINE登録で「経営者向けスペシャル動画3本」プレゼント!

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com

銀行とうまく付き合っていくうえで「これがあったらダメ!」という勘定科目が3つあります。

銀行員は決算書を見て、「こりゃダメだな…」と思ってもストレートに言ってくれません。

なので、今回は「銀行員が教えてくれない決算書の秘密」を公認会計士が教えます!

加えて

多くの経営者の方々と接してきた公認会計士・税理士という立場から、無借金経営をする社長さんの共通点もお伝えします!

ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:37 中小企業にとって金融機関が重要な理由
03:14 銀行がお金を貸したくないダメ勘定科目3選!
06:12 貸借対照表で図解します!
09:07 告知

🔰4/6コロナ融資の出口戦略セミナーin仙台商工会議所 https://ex-pa.jp/item/39139/s160645

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS