大企業と中小企業の資金調達の違い

金融機関からの資金調達方法にも複数の種類がある事は以前のコラムで解説しましたが、それよりも更に大きな括りで資金調達方法には2種類あるというのはご存じだろうか?大企業と中小企業の資金調達方法の違い、と言ってもいいかもしれない。本日はその資金調達方法の違いと中小企業でも実は大企業と同じ資金調達を行うことが可能?という事についてお伝えします。

大企業と中小企業の資金調達の違いとは?

大企業と中小企業の資金調達には大きな違いがある、一言で言うと大企業は直接金融による資金調達、中小企業は間接金融による資金調達。(大企業が間接金融で資金調達する事も可能)という違いがある。それぞれについて詳しく説明していく。

まず大企業が行う直接金融とは、株式市場などで株式を発行し資金調達を行うことを言う。これに対して中小企業が行っている間接金融による資金調達とは、金融機関からの借入などによる資金調達の事を言う。同じ資金調達という行為であり会社に金が入ってくること自体は貸借対照表の左側の資産の部の現預金の増加という部分に違いはない、がその後の資金繰りには大きな違いがある。

貸借対照表の右側はどのように動くか、と言うと直接金融で調達した金は基本的に資本金や資本準備金となり貸借対照表の右側の純資産の部という所に入ってくる。一方間接金融で調達した金は貸借対照表の右側の負債の部と言うところに入ってくる。純資産は自己資本とも呼ばれ本当の意味で会社に残るお金の事を指す。一方で、負債は他人資本と呼ばれいずれ債務者に返済する、つまりいずれ会社から出ていく金という事だ。

(補足情報)
貸借対照表の左側は資産の部、右側は負債の部と純資産の部で構成されているがこの左側と右側それぞれが何を表しているか?と言うと、貸借対照表の右側は会社が調達した資金の調達源泉を表している、他人から調達したもの(負債)なのか、自分で調達したもの(純資産)なのか。株を発行して調達した金も他人から調達しているんじゃないの?と思うかもしれないが、会社は株主の物であり株を購入して会社に金を入れるという事はその会社の持分を得る事になり、外部の第三者ではなく株主という地位を得て他人ではなくなるのです。

つまり直接金融で調達した金であれば事業投資に失敗し回収できなかったとしてもそのことが原因で資金繰りが悪化する事は無いが、間接金融で調達した金はいずれ返済しなければならないのはもちろんの事利息も支払わなければならない為、事業投資に失敗し投資した金額以上にして回収することが出来なければ、返済が始まれば資金繰りが急激に悪化していく。

この借入金の元本返済を度外視して経営を行っている会社が非常に多いためそこは注意していただきたい。借金の返済は会計上の費用にはならない為損益計算書には出てこないが金は出ていくので会計上黒字になっていても借入金の返済額の方が大きければ資金繰りはマイナスになってしまう。

これに対して直接金融で資金調達が出来れば調達額を返済するという必要性はないためよりアグレッシブな投資、運用ができる事となる。では株主は何のリターンも得られないのかと言えばそんなことは無く、利益の一部を配当として受け取るインカムゲインと株価が値上がりした時に市場で売却し取得価格との差額が利益となるキャピタルゲインという2通りリターンを得る方法が存在する。

直接金融で資金調達したくても中小企業じゃ無理だよな。と思われるかもしれないが方法が無いわけではない。実は中小企業でも株式投資型クラウドファンディングなどの制度を使ってエンジェル投資家などから資金調達することが出来る。投資家を納得させられるだけのレベルの高い経営計画を策定する必要があるなどを挑戦するハードルは高いが返済不要の資金調達が出来る為挑戦する価値はある。もしこの株式投資型クラウドファンディングに挑戦したい。という方がいましたらまずは一度お問い合わせいただければと思います。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

資金調達に種類なんてあるの?

ほとんどの場合は間接金融と言って金融機関からの借入、つまり借金によって資金調達を行うこととなる。上場企業などのように市場で株を売って資金調達を行ういわゆる直接金融で調達する事はほとんどない。

では金融機関からの借り入れを行う際に経営者が意識している事は何だろうか?恐らく多くの場合金利が何%か?保証協会付きなのかプロパーなのか、連帯保証はいるのか?担保はいるのかなどの条件面を気にされているのではないだろうか。

実は金利などの条件面よりも大事な借入の種類についてはあまり意識されていないことが多い。ほとんどの場合毎月の約定弁済がある証書貸付のみでの資金調達を行っていて会社の財務内容に応じた適正な資金調達が出来ているというケースは財務コンサルなどの専門家が入っているケースを除きほとんど見たことがない。

だが、会社を継続・存続し続けていくためには、この資金調達方法が会社の資金繰りに多大なる影響を与えるという事を知り、適正な資金調達方法とはどういう事かを理解しておくことが非常に重要になる。ここを抑えておかなければどんなに営業を頑張って売上を伸ばしても資金繰り問題で苦しみ続ける事になりかねない。

具体的な資金調達方法

では資金調達方法にはどのような種類があるのか?

と大きく分けて4種類ありそれぞれ用途が違うので用途に応じて使い分ける必要がある。資金調達が必要になる場面として運転資金と設備資金があるが前回のコラムでも記載した通り運転資金は返済をしない。というのが正しい資金調達方法となる。上記の4つのうち返済をしない借入はどれか、というと手形貸付、と当座貸越がそれにあたる。

手形貸付

手形貸付とは半年や1年などの期間が決まっていて、満期日に一括返済する借入方法である。「返済するじゃねーか?」という心の声が聞こえてきそうだが、借入金である以上は最終的には当然返済をすることになる。だが、運転資金名目で使う場合には短期継続融資と言ってこの手形貸付を満期が来たら手形を書き換えて更新し、利息だけを支払い続けるという形で実質的に返済をしない前提で借入をするという事となる。

当座貸越

当座貸越は会社が一定の枠を持っていてその枠の範囲内で必要な時にその枠の範囲内で借入をすることが出来て、必要が無くなったら返済をすればいいというかなり融通が利く借入方法だ。運転資金については通常必要となる運転資金については短期継続資金で資金調達し、大きな取引が発生した場合など突発的に大きな金額の資金需要があった際に当座貸越で調達する。という形が最もバランスが取れた調達方法であると考えられる。

当座貸越の枠の範囲内であれば自由に借り入れが出来るという状態になるので、枠を設定するためには当然金融機関の審査があるため会社の決算内容などの状態が悪ければ当座貸越の枠を得る事は出来ない。これは他の借入方法にも共通することであり会社の決算内容が悪く将来性もあるかどうかわからない、という状態では適正資金調達を行うことも困難になる。

会社の財政状態を安定させ強く潰れない会社に成長するためにはこのような財務の知識を持つことはもちろんの事根本的な会社の経営状態(収益力や稼ぐ力)も良くしていかなければならない。経営者が数字に弱い会社は総じて悪い状態であることが多く、経営者が数字に強い会社は資金も潤沢でうまく行っていることが多い。特に後者は顕著で私がこれまで会ってきた本当に資金が潤沢でうまく行っている会社の経営者は例外なく全員数字に強かった。

そのような経営者の方でも話を聞いてみるとほとんどの方が1度や2度財務面でも失敗をしていてそこでの経験や気づきから数字を学び今の状態を築き上げている。本当に難しい話などは無くやるかやらないか、ただ1点そこだけの違いで20年後30年後の姿は全く違うものになることは間違いない。どちらがいいかは明白。是非理想の未来をつかみ取りに行きましょう。


【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ そもそも運転資金を正しく理解しているか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社を経営していて運転資金という言葉自体を聞いたことが無い、という人はあまりいないと思うがこの言葉の意味を正しく理解している、という人は意外と少ないのではないだろうか?

皆さんは運転資金という言葉を聞いた時にどんなものを想像しますか?消耗品費や修繕費などの日々の経費の支払いを運転資金と捉えている方が多いと感じる。広い意味ではそういった経費の支払いなども運転資金として使われることもあるが会計用語でいう運転資金、所謂正常運転資金という言葉は意味が違う。

正常運転資金は下記の計算式で導き出すことが出来る数字の事を言う。

正常運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務

計算式からも日々の経費の支払いの要素は全く入っていないことが分かる。では正常運転資金とは何を表しているのか。正常運転資金は会社が一時的に立て替えている状態になっている金の事を指している。

売上債権は得意先に売上を上げたけどまだ入金されていない金、棚卸資産は商品などの在庫で当然仕入を行う為には金を払う必要がある。つまり、お客さんに販売する為に先に金を払って購入しているものという事だ。この2つから仕入債務、つまり、商品などを購入したがまだ支払っていないもの、逆に仕入先に立て替えて貰っている状態の金をマイナスして計算する。

この一時的に立て替えている状態、つまり先にキャッシュアウトしている状態の金を正常運転資金という。良く、会社が大きくなり急激に売上が増えると資金繰りが回らなくなるというのはこれが原因で、規模が大きくなれば当然必要な運転資金も大きくなり、先に出ていく金がどんどん増えていく。そのことが分からず闇雲に売上を伸ばし続けていくといずれ資金繰りが厳しくなっていく。会社を拡大する場合には必ずこういった財務の知識が必要になるという事だ。

多くの会社が運転資金不足で悩んでいるのはこういった知識が無いためだ。財務の知識を持って資金繰りの管理を適切にしていればいつ、いくら金が必要になるか、といったことが明確になりそれに合わせて資金調達をしたり、という対策を立てることが出来るが、財務をおろそかにして兎に角売上を増やす、という事だけを意識していると、必ずどこかで行き詰まる事となる。

そうならない為には財務戦略をきっちり立てて取り組む必要がある。銀行からの資金調達の方法、金の借り方も非常に重要になってくるが正しい借方を理解し、実施している会社はほとんど存在しない。というのが実情だ。

銀行からの借入、つまり資金調達する場面は大きく分けて2つあり、そのうち1つがこの運転資金対策の借入である。金融機関からの借入明細などを見てみると運転資金や設備資金などの名目が書かれていることが多いのでそこで資金使途を確認することが出来る。

運転資金名目の借入は本来は先ほどの計算式で導き出される運転資金、つまり会社が立て替えることになる金を賄うために調達するものなのだ。だが実務上はとりあえず事業を行っていくうえで必要となる資金を包括して運転資金として調達していることが多い。実はこの資金使途を無視した資金調達によって企業財務を痛める原因となっている。

どういうことか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 運転資金って減るの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

運転資金名目での借入がある会社は多く存在しているが、ほとんどの会社が証書貸付、つまり5年や7年などの期間で毎月約定弁済があるタイプの借入で賄っている。時が経つにつれて借入金の元本返済が進み運転資金名目の借入はどんどん減っていき最終的な5年後、7年後の借入期間が経過すると残高はゼロとなる。

ここで考えていただきたいのが運転資金は時が経つにつれて減るものなのか?という事。先ほどの正常運転資金の計算式からも分かるとおり答えはノーだ。会社が成長すればむしろ運転資金は増えていく可能性が高い。コンビニなどの在庫を例に考えていただくとわかりやすい。

例えばコンビニ1店舗に商品の在庫が全部で1千万円あるとする。商品がいっぱいなければお客さんに来てもらえないのでコンビニには常に商品在庫を一定の状態に維持しておく必要がある。商品を仕入れる際には当然金を払う必要があるので在庫の1千万円分の金が先に出ていく事になる。これが所謂運転資金で、店舗を2店舗に増やせば2千万円の運転資金が3店舗なら3千万円の運転資金が必要となるのだが、運転資金として借りた金は時が進むにつれてどんどん返済が進み減っていってしまうのでいずれ資金が足りなくなる。

ではどうやってこれまで多くの企業が成り立っていたのか?返済が進んで金が足りなくなったら折り返し融資という形で金融機関から新たに借金をして足りない金を賄っていたのだ。毎期利益を積み上げ自己資本(内部留保)で運転資金を賄うことが出来るようになれば借入金を返済してしまっても問題は無いはずだが多くの場合そうはなっておらず借金で成り立っているだけの状態となっているのが実態である。

これまではそれでも銀行が貸してくれたから成り立っていたのだが、特にコロナ融資を使ってしまっているような場合には今後は金融機関からの新規の借入はかなり厳しくなっていくので本質的な改善をしなければ生き残っていく事は難しくなっていく。

正しい資金調達の方法についてはまた別の機会にお伝えしていくが、運転資金については“返済をしない”というのが正しい資金調達方法である。返済をしない借入なんてあるの?と思われるかもしれないが、それが正しい借り方で世の中の常識が間違っているのだ。会社を継続・存続し続けるためにはこういった財務の知識が必要不可欠となる。正しい知識を身につけて強く潰れない会社へと成長していきましょう。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

一時的に借金を返して、決算書の自己資本比率を良く見せる

「この会社、やってんな!」と銀行員は見抜いていますよ!

ほかにも銀行の心証を悪くする決算対策があります。

ちなみに、
銀行格付評価は自己資本比率●●%以下⇒0点 
●●%超えると最高評価になります
※答えは動画を見てね!

税金対策の面からみると
「倒産防止共済」は、節税という意味合いで使ってる会社がたくさんありますが
実は会計処理を間違っている会社が多いんです。

公認会計士・税理士からすると、「あ~、もったいないな」と思います。

詳しくは動画をご覧ください!

⏩もくじ
00:00 銀行はどのように会社を格付け評価してる?
06:03 間違った決算対策あるある1
07:23 間違った決算対策あるある2
08:36 間違った決算対策あるある3
09:31 倒産防止共済の会計処理、間違ってませんか?
11:34 節税対策~4年落ちのベンツ買う時の注意点~
13:40 まとめ~税金を減らすことが目的じゃない~
15:27 LINE登録で無料動画3本プレゼント!

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

⭐️4/21無料オンラインセミナー https://aidomamonoriso-.peatix.com/

銀行とうまく付き合っていくうえで「これがあったらダメ!」という勘定科目が3つあります。

銀行員は決算書を見て、「こりゃダメだな…」と思ってもストレートに言ってくれません。

なので、今回は「銀行員が教えてくれない決算書の秘密」を公認会計士が教えます!

加えて

多くの経営者の方々と接してきた公認会計士・税理士という立場から、無借金経営をする社長さんの共通点もお伝えします!

ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:37 中小企業にとって金融機関が重要な理由
03:14 銀行がお金を貸したくないダメ勘定科目3選!
06:12 貸借対照表で図解します!
09:07 告知

🔰4/6コロナ融資の出口戦略セミナーin仙台商工会議所 https://ex-pa.jp/item/39139/s160645

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

このまま行ったら1年持たない。 資金さえあれば稼げるのに…。

赤字で債務超過の中小企業が増えています。

にもかかわらず危機感がない社長さんが多いんです。

社長は、従業員だけでなく従業員の家族も養っているという責任があります。

会社が厳しいのに退職金準備してる場合じゃないですよ!

社長「数字は見ないようにしてる」←これ現実逃避です!

もはや国も銀行も助けてくれません。

「コロナが収束するまで借りたお金で耐える、じっと待っていれば何とかなる。」というのは間違いです。

今年6月には6割の会社でコロナ融資返済が始まります。

いま現実と向き合う時!

コロナ時代の生き残り戦略とは?

公認会計士がお答えします!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:05 コロナ前から中小企業が抱える問題点
02:30 コロナ融資、返済始まったらどうなる?
07:04 まとめ~生き残り戦略~

【関連動画】 コロナ前から抱える中小企業にお金が無い本当の理由→https://youtu.be/i9twlffJwiM

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

コロナ融資の枠も使い切っちゃって、融資を受けようと思っても銀行が相手にしてくれない。

しかも、コロナ融資の返済が始まるし、この先の資金繰りが心配で眠れない。

そんな時、救世主となるのが「日本政策金融公庫」です!

「銀行がダメなら信用金庫とか信用組合だってあるじゃん!?」

確かに、信用金庫も大きな力になってくれますが、最後の救済策は日本政策金融公庫じゃないとダメな理由があるんです!

なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:40 資金繰りに不安を抱えている経営者は絶対コレをやってください!
02:05 経営者の一番の悩みとは?
03:57 資金繰り表を作ったら次にやること!
05:58 なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?
07:41 本当に国は支援する気があるのか?

【関連動画】
先が見えない経営不安を取り除く魔法のツール「資金繰り表」 https://youtu.be/JJl9tAWudhI
中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは? https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

日本政策金融公庫って?

個人にとっては馴染みがないけど、中小企業にとっては資金を借りる際に大きな味方となってくれる存在です。

「銀行で借りればいいじゃん!」と思うかも知れませんが、まだ事業を始めたばっかりで実績がない会社だったらどうでしょうか?

なかなか融資は難しいかも知れません。

しかし、公庫には銀行にない大きなメリットがあったりします。

今回はそんな日本政策金融公庫について公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:13 日本政策金融公庫って何なの?
03:11 結局、銀行と公庫どっちを使ったらいいの?
05:24 日本政策金融公庫を詳しく解説! 
06:22 資金調達する際の重要ポイント!
06:59 告知

【関連動画】
信用金庫との付き合い方3か条 https://youtu.be/hNQq9gMRHcw
なぜ信用金庫は親身になってくれるのか? https://youtu.be/0ApmmeO5z1M

銀行が扱いたくない小さい案件でも信用金庫は丁寧に取り扱ってくれる。

銀行が相手にしてくれない会社でも信用金庫はぞんざいに扱ったりしない。

なぜ信用金庫は親身になって対応してくれるのでしょうか?

公認会計士市ノ澤が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:42 信用金庫と銀行はどういう違いがあるのか?
02:54 なぜ信金・信組が誠実に対応してくれるのか?
04:39 なぜ信金・信組が親身になってくれるのか?
07:19 まとめ

【関連動画】
幽霊銀行員による横領事件https://youtu.be/qIvb23qlNLY
信用金庫との付き合い方3か条https://youtu.be/hNQq9gMRHcw

⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw
⭐️資金繰り&融資攻略セミナー https://lp.bsports.work/waiting-optin…

必ずしもメガバンクがいいとは限らない。

メガバンクは中小企業よりも大企業を相手にしているので、融資額が少さいと相手にもされない。

しかし、信用金庫は地域の企業を手厚く支援してくれる。

「どうにか支援できないか?」真剣に考えてくれる。

銀行に相手にしてもらえない企業でも信用金庫なら… 

そうだ、信用金庫を味方にしよう!

今回はそんな信用金庫との上手な付き合い方についてお伝えします!

ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
01:09 銀行の種類すべて知ってますか?
02:23 信金と銀行は何が違う?
06:10 信金との付き合い方ポイント1 
07:51 信金との付き合い方ポイント2
10:40 信金との付き合い方ポイント3
12:23 まとめ

⭐️資金繰り&融資攻略セミナ-
https://lp.bsports.work/waiting-optin8f6qwflc