存続が危ない年商1億以下の中小企業 
いま余裕があったとしても中小企業の経営者の方は最後まで見てください!

人間が楽に感じるのは「現状維持」
今のままが居心地がいいんです。
だから、苦しくならないと動かない。
苦しくなった時にはもう遅い‥

社長が「変わる」という覚悟をもって動かなければ、会社は良くなりません。
社長が覚悟を決めること、それが重要です!

今回の動画内容は、以下のもくじの通り。
自分の会社が「存続が危ない年商1円以下の会社」に当てはまっていないか?
成功者の共通点とは何なのか?
要チェック!

⏩もくじ
00:00 オープニング
05:08 うまくいっている会社がやっていること!  
06:18 存続が危ない年商1億円以下の会社とは?
09:19 成功者の共通点&社長がすべきこと

⭐️コロナ融資の出口戦略セミナー https://ex-pa.jp/item/39139/s160645
⭐️公式LINE https://lin.ee/LGMykfw

大好評の経営者セミナー

資金繰りが厳しい、売上や利益が増えているはずなのにお金が増えていない気がする。

そんな経営者の方は多いと思います、お金が増えないのは明確な理由がありそれを改善しなければキャッシュリッチな経営者には一生なれません。

決算書を活用してある事を改善するだけで劇的に資金繰りを改善する事が出来るのです。

特にコロナ融資を使っている企業は返済が始まった瞬間に資金ショートなんてことにならない為に早いうちに対策しておくことが重要になります。会社を成長させ続けキャッシュリッチな経営者になるためには知識とお金を残すコツを掴む事が必要であり能力は関係ありません。ですがほとんどの経営者の方はその事に気が付いていないのが現状です。

この事に気が付いている一部の経営者の方が圧倒的に一人勝ちしている状況になってしまっています。キャッシュリッチな経営者と貧乏経営者、あなたはどちらになりたいでしょうか?想像して見て下さい、好きな事を好きな時にやれる人生、好きなものを好きな時に買える人生、多くの困っている人や助けたい人を支援する事が出来る人生と自分の生活や目の前の仕事で手一杯の人生。どちらがいいかは明白ですよね。

理想の未来を掴むヒントがここにあります。是非多くの経営者の方にお会いできるのを楽しみにしております。

お申し込みはこちらから