金融検査マニュアルの弊害とは

以前のコラムでも紹介した通り中小企業の主な資金調達方法は金融機関から借入になります。ですので金融機関とうまく付き合っていく事が会社を経営していくうえで非常に重要になりますが、そもそも金融機関がどのように会社を評価し金を貸せるかどうかを判断しているかご存じでしょうか?

最近は事業性評価という言葉を聞くケースも増えてきていますが、本来は会社の事業性、会社の事業内容や成長可能性などを適切に評価することが必要です。つまり会社の将来性を評価して金を貸せるのか貸せないのかを判断する事が求められていますが、実際には将来性よりも過去の決算内容で判断され業績が良ければ借りることが出来ますが、過去の業績が悪い会社は融資を受ける事が出来ないというケースも多くあります。

金融機関に求められている役割は多岐に渡り社会性なども求められていますが、極論を言ってしまえば金融機関にとって最も重要なのは貸した金がちゃんと返って来るのかどうか、という事に尽きます。なので本来であれば過去の決算内容よりも今後会社がどうなっていくのか?という未来の話の方が重要なはずですが、そこを評価する能力が乏しくなっている事も事実です。

金融検査マニュアルの弊害とは?

では何故評価能力が乏しくなってしまったのか。金融機関にとっては貸した金が返って来るかどうか、という事は金融機関自体の存続という意味でも重要で会社の将来性を評価する能力は金融機関にとっても生命線と言っていいほど重要な能力なはずなのですが、その能力の欠如が今問題になっています。

何故か?それは金融検査マニュアルの弊害と言っても過言ではないかもしれません。金融検査マニュアルとは金融庁が金融機関の検査を行う際に用いられているマニュアルの事で、バブル崩壊時に不良債権が増大し金融機関の経営が悪化したことを受け平成11年に公表された。この事によって金融機関が融資を行う際に起業をこの金融検査マニュアルに従って評価しなければならなくなったのだが、この融資審査の方法が主に過去の決算書の内容を元に全国統一ルールで会社のいい悪いを判断するというものであった。

この金融検査マニュアルの導入によって各金融機関の不良債権比率が低下するなど早い段階で一定の効果は得られたのだが2019年12月に廃止されるまでの約20年間近く継続されることとなった。この金融検査マニュアルによる融資審査は会社の財務データ(過去の決算書)に基づいて会社を格付(区分)するというもので、数字を元に機械的に評価が行われることになるので誰が行っても同じ結果が得られるというメリットがある一方で、融資担当者が会社の将来性などについて詳しく分析評価して回収可能性を見極める能力が失われる結果となった。

その結果日本型金融排除と呼ばれる過去の数字を見るとリスクはあるものの将来性があったり地域に取ってなくてはならにような会社であっても、決算書の内容が悪いと融資を受ける事が出来ないといった問題が多く発生することとなった。当然国もこのような状態をいいとは思っておらず、金融機関は中小企業を支援し地域経済に貢献すべきという考えもあって金融検査マニュアルは廃止されるに至ったのである。

しかし20年近くも過去の数字を元に機械的に会社を格付して融資可否の判断を行い続けた結果会社の事業性を評価できるような腕利きバンカーと呼ばれるような銀行マンがほとんどいなくなってしまったのである。

今後は国の方針としても事業性評価、つまり会社の将来性を重視するという方向に舵を切っているため、ちゃんと根拠のある経営計画を策定して会社の将来性について社長自らの口で語れるようになる、といったことが重要になってくると考えられるが、現状はまだまだ金融検査マニュアル時代の名残が強く残っており、事業性評価に対応しつつも決算書の内容を良くしていくという事が合わせて必要になる。

そもそも会社経営を行っていくうえで経営計画すらない、という状態は決して健全ではないのでまずは社長の目指すべきゴールを経営計画に落とし込み、事業性評価に対応しつつも決算書の内容を良くして高い格付け評価を受けられるようにするなど正しい知識と意識を持って経営を行っていく事が会社を継続・存続し生き残っていく上で必要不可欠である。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 決算書ではわからない金の流れ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“勘定合って銭足らず”という言葉を聞いたことがあるだろうか?これは主にコロナ前の多くの中小企業の状況を表した言葉である。勘定合ってというのは利益が出ているのに、という事、つまり利益が出ているのに金が足りないという会社が数多く存在しているのだ。

実際に東京商工リサーチが出しているデータによると倒産している会社のうち約半数は黒字倒産、つまり会計上利益が出ていたのに倒産していたのだ。では何故倒産してしまったのか?前回のコラムでもその点については触れているが会社は赤字で倒産するわけではない。金が無くなると倒産するのだ。

つまり、会計上は利益が出ている状態なのに資金ショート、つまり金が無くなって倒産しているのだ。

何故利益が出ているのに現預金残高が増えないのか?

この金の流れについて理解できていますか?当然本業で赤字という状態であれば手許の金もどんどん減っていき、黒字であれば増えていくというのは基本的な理解としては間違っていないが、会計上の利益というのは金の流れという事を考えるにあたっての1要素でしかないという事だ。つまりそれが全てではないという事。

ちなみに売上という点で考えると金の流れとは更にかけ離れているので売上が増えてるのに金が増えてない、何故だ?という状況では相当まずい。今すぐ財務について、会社の金の流れについて勉強する必要がある。

では売上が現預金残高の増減と関係ないのは前提としても利益が出ても金が減ってしまうのは何故なのか?

それは、決算書、つまり損益計算書上には出てこない金の出し入れが沢山ある事が要因である。例えば年間100万円の売上があって経費がゼロだった場合税金は無視すると会計上の利益は100万円となるがその売上代金を回収していなければ売掛金が100万円増えただけで現預金の増加はゼロになる。

それらの現預金の増減などを細かく計算している決算書としてキャッシュ・フロー計算書というものがあるがかなり難解で完璧に理解するのは正直難しいし経営者がキャッシュ・フロー計算書の読み方を理解する必要はあまりないと考えている。

実際私自身は公認会計士として上場企業等の決算書を監査する立場として働いていたので当然キャッシュ・フロー計算書についても熟知しているが、それでも人に分かりやすく説明するのは難しいし、自分よりも簡単にキャッシュ・フロー計算書を説明することが出来る人はいない。と公言していた先生の説明を理解している私が聞いても分かりにくい。と思ったぐらいなので恐らくキャッシュ・フロー計算書について素人でも分かるように簡単に説明できる人はこの世に存在していない。

という状況なのでキャッシュ・フロー計算書について完璧に理解するという事はお勧めしないがだからと言って金の流れを理解しなくてよいか、というと当然そんなことは無い。

では、金の流れについて理解する必要がないかというと当然そんなことは無い。なので簡易的に金の流れ(増減)を算定する方法として下記の計算式を自社の決算書に当てはめて計算してみて欲しい。これで大まかな金の流れはわかるはずだ。

経常利益-法人税等+減価償却費-借入金元本返済額

多額の積立型の保険などに加入している場合には下記の計算式で計算する

(当期純利益+減価償却費)-(借入金元本返済額+保険の資産計上額)(現金損益®)

この計算式で何をしているか、というと損益計算書上の利益に金が出ていかない費用である減価償却費をプラスし、金は出ていくけど費用にならないものをマイナスしている。この2つの要素が損益計算書上の利益と金の流れが一致しない要因で、その中でも特に影響の大きい減価償却費と借入金の元本返済額を調整しているという事である。

この計算式さえ押さえておけばひとまず金の流れが全く理解できないという状態は避けられるはずなのでまずはこの計算式で自社の資金繰りの状況を把握してみて欲しい。その結果が大きくマイナスになっているという事であれば改善しなければいずれ資金ショートしてしまう可能性が高いという状態になってしまっている。改善方法についてはまた別の機会にお伝えする。

上記の計算式で大まかな金の流れはわかるようになるがやはり理想としては全ての会社が資金繰り表ぐらいは作成するべきである。最初は作成するのに時間がかかるかもしれないが慣れてしまえば大したことはない。資金繰り表さえあれば金の流れについては完璧にわかるようになる。会社が継続・存続し続ける上で最も重要な金を後回しにする理由はないはずだ。忙しいとかめんどくさいとかそんなことを言っている場合ではないはずだ。優先順位を間違えないように気を付けて欲しい。

もし、数字は苦手だし顧問税理士に任せてるから大丈夫、自分は見ない。というような状態になっているとしたらあまりにも危険だ。経営者には従業員やその家族の生活を支えるという責任を果たす必要もある。会社を経営しているのは顧問税理士ではなく経営者自身であるという事は決して忘れてはいけない。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://www.youtube.com/watch?v=tTvTy0_Xh4g&list=LL_ol-acdXf7dI7i18EyGHgw

あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2022年も、より一層ご満足いただけるサービスの向上に努める所存ですので、

変わらぬご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

YouTubeを始めてようやく登録者数1万人を突破しました!
ありがとうございます!
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます☆彡

動画視聴はこちら→https://youtu.be/Qoe0bMQodZc

ぜひご覧ください!

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

弊社Monolith Partnersは、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

【休業日】 2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)

なお、休業期間中のお問い合わせにつきましては、2020年1月4日(火)から順次対応させていただきます。

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

PR TIMES様が配信したリリースに「コロナ融資の返済が9月より開始で倒産増加予想。資金繰りを改善しコロナ倒産を未然に防ぐためのサポート開始!」と題して、弊社の新サービスを掲載頂きました。

 

(PR TIMES様プレスリリースより一部抜粋)

会社の資金繰り、お金の管理悩んでいる社長に朗報です!

このチャレンジでお金の知識を学ぶことで

こんな未来が手に入ります!
  •  売上そのままで利益を増やせる!
  •  会社の資金繰りをよくする方法がわかる!
  •  銀行から好条件で融資を引っ張れる資金調達の極意がわかる!
  •  会社の状況に応じで一番利益が出るようになる打ち手がわかるようになる
  •  自分の会社のお金の状況がキレイにわかるようになる

お申し込みはこちら

3日間であなたが手に入れるオンランコースの全体像

 

3日間で会社の数字に強くなり、売上そのままでも

利益率を上げるようになるためのステップをご紹介します!

Day#1-お金が残らない理由はここにある!数字が苦手な方でも理解できる世界一簡単なキャッシュフロー把握術

プロの財務コンサルが使用している、決算書の読み方、分析手法を伝授し、事例決算書を用いて決算書分析を行っていただきます。第1日目は会社の資金繰りを劇的に改善する為に必要な正しい現状把握の方法、ほとんどの人が知らないキャッシュフローの落とし穴について完全に理解していただきます。難しい数字の理解は必要ありません。簡単で楽しくワクワクする数字の世界に導きます!

Day#2-銀行が会社をどう評価しているのかを理解し、資金調達の極意を学ぶ

自社の決算書を用いて現状の銀行格付を算出します。

設備投資や新規事業を行う際の投資資金は基本的に金融機関からの融資によって行うことになります。ですが、ほとんどの中小企業が銀行の判断基準を理解していません。決算の組み方ひとつで銀行の評価は一変するのです。銀行がお金を借りてくださいと頭を下げに来る決算書の組み方を理解します。

 

Day#3-あなたの会社の現状の正確な立ち位置、キャッシュリッチ経営の為の打ち手を理解する

会社を継続、存続させていくためにはお金が必要です。お金さえあれば基本的に会社が倒産する事は有りません。その企業活動の源泉とも言えるお金、あなたの会社に残るお金を最大化する方法を学び、キャッシュリッチな会社へと成長するための打ち手を理解します。残念ながらほとんどの会社がお金を残すためと思って行っているある行動がお金を無くす要因になっているのです。常識を覆すキャッシュリッチ経営を知り、お金に困ることなく好きな時に好きな事が出来る会社への成長を実現します。

お申し込みはこちら

さらに!この特別な3日間チャレンジに参加するとこんな参加特典をもらえます!

参加特典1

好条件で融資が引っ張れる

資金繰り計画表マニュアル
銀行が融資をするかどうかの判断で一番重視するのが貸したお金が返ってくるのか?です。この資金繰りの計画表を使って返済計画を示せば、好条件での融資も引っ張れるようになります。

参加特典2

ChatWork によるフォローアップ

あなたのビジネス構築を助ける特別なWork Bookをプレゼント!このWorkBookは事前配布され、あなたはそれに書き込みながら、このWorkBookは課題の完成を確実にサポートしオンラインコース構築を後押しするでしょう!2週間

参加特典3

特別節税マニュアル

税金のことが難しくてわからなくても大丈夫!税金の知識があれば、もっと節税可能です。手元に残すお金を最大化し、お金に困らなくなるためのマニュアルをプレゼント!

Secret#1 そもそも税金とは?税金についてすべてがわかる!

Secret#2 節税の極意を知ろう!
Secret#3 必要経費について「経費にすべきものを把握し」しっかり節税!
Secret#4 税務調査について「税務調査が来たらどうなるのか?」「税務調査に入られやすい会社や」防ぐ方法を教えます!

さあ!利益の出る会社をつくる3日間チャレンジに

参加すると得られる全てをご覧ください!
  • Day #1 – 数字が苦手な方でも理解できる世界一簡単なキャッシュフロー把握術(¥35,000 Value)
  • ​​Day #1_2 – 「今のまま行くとどうなる?」会社の5年後の数字がわかるスペシャルワーク(¥15,000 Value)
  • Day #2 -銀行が会社をどう評価しているのかを理解し、資金調達の極意を学ぶ(¥25,000 Value)
  • ​Day #3 – あなたの会社の現状の正確な立ち位置、キャッシュリッチ経営の為の打ち手を理解する(¥55,000 Value)
  • 特典1-好条件で融資が引っ張れる資金繰り計画表マニュアル(¥50,000 Value)
  • 特典2-ChatWork によるフォローアップ(¥50,000 Value)
  • 特典3-特別節税マニュアル(¥29,800 Value)

Total Value : ¥259,800

参加費はたったの ¥3000

財務を学ぶことが経営が上手くいく最短・最速の方法です!
12月13日から3回のレッスンがあります…

Lesson #1:12月13日(月曜)21:00〜21:55

Lesson #2:12月14日(火曜)21:00〜21:55
Lesson #3:12月15日(水曜)21:00〜21:55

*Lesson#1〜#3はZOOMでのweb講義です!

お申し込みはこちら

講師紹介

税理士、公認会計士でありながら複数社を経営する

会社のお金にまつわるプロ
市ノ澤 翔(いちのさわしょう)
株式会社リーベルタッド 代表取締役
Monolith Partners 代表
一般社団法人IAM 代表理事
世界No.1会計ファーム(監査法人)である、
あらた監査法人( PwC Japan)に入社し世界有数の超一流企業の監査業務に従事
依頼される業務は全て「紹介」でキャンセル待ち状態になることも
数千万単位の赤字で債務超過(倒産寸前)の会社を1年で黒字化
関わった会社は「売上」ではなく「利益」ベースで数千万単位の
改善をしキャッシュが残る経営に転換させている

よくある質問

 数字が苦手なのですが大丈夫ですか?
もちろん!ご参加ください!このチャレンジトレーニングに参加することで数字が苦手な状態から、しっかりと会社をよくすることが出来るようになります!会社の数字を理解することは売上を上げる以上に会社を良くします、是非ご参加ください。
 講義の録画はありますか?
もちろんございます。しかし、実際の講義にご参加された方がより成果がしっかり出ます!可能な限りリアルタイムでの講義レッスンへの参加をお勧めします!
 Facebookグループはいつまで参加できますか?
このチャレンジトレーニング専用Facebookグループは閉鎖予定はございません。録画等もグループに残りますのでご活用いただけます。

「コロナ融資の返済が9月より開始で倒産増加予想」

資金繰りを改善しコロナ倒産を未然に防ぐためのサポート開始!


資金繰り改善や業績アップ、税務申告など幅広く中小企業支援事業を展開する「Monolith Partners(茨城県守谷市)」は、2021年8月4日より、コロナ融資の返済が始まり資金繰りが悪化している企業の問題を解決する新しいサービス「コロナ倒産回避コンサル」を開始いたします。現在の手許現預金の状況や今後の資金繰りを正確に見直し、いつ、どの程度のリスクがあるのか、それを回避する為にはどうすれば良いのかなど、各企業の状況に応じて解決策を洗い出し、会社に残る金を最大化し、絶対に潰れない会社へと成長させていくのが特徴です。

一流コンサルタント中小企業の資金繰り改善
コロナ融資の返済開始後の資金ショートを回避

コンサルを行うスタッフは、これまで多くの企業の資金繰り改善や税務支援、経営改善計画を利用した財務改善を行ってきた経験豊富メンバーです。まずは、顧客企業の現状を正確に把握し問題・課題の抽出を行います。正確な現状把握を行う事で初めて改善策を立案が可能になります。
正確な現状の問題・課題抽出を行ったうえで経営者に徹底的にヒアリングを行い実際に実現可能な実行力のある改善策、行動計画を立案しその後の実行状況を月次でモニタリングしていきます。
毎月の月次経営会議で行動計画の実施状況、実施した結果の数値の実績確認を行い、常に行動計画の改善を繰り返し、目標実現を目指します。結果が数字に結びつくことで経営者が自信を持って経営判断を行う事が出来るようになり、行動計画の精度も上がり更なる成長に繋がります。

きっかけは、経営相談を受けた企業の残念なお金の使い方
本来稼ぐ力があるにも関わらず知識不足により資金繰り悪化

「コロナ倒産回避コンサル」を始めたきっかけはある建設業の経営者に相談を受けた事でした。相談内容は売上を増やしても資金繰りが厳しいままというものでした。その会社は年商40億円の比較的規模の大きい会社で、億単位の利益が出ている状態でしたが、詳細に分析して愕然としました。
確かに、決算書上は年商も大きく利益もきちんと出している状態でしたが、資金繰りにフォーカスしてみるとなんと年間で3億円強マイナスになっている状態でした。つまり毎月3千万円程度手許の現預金が流出している状態です。そんな状態では金が残るはずがありません。財務の専門家の立場としては原因も改善策も明確なのですが、社長は決算書を見たことが無く、月次の試算表は提供すらされていないという状況で、更なる売上アップに全精力を注いでいたのです。
売上は会社に金を残すイチ手段でしかなく、会社に金が残らないのは数字に関する無知が原因です。この会社はこのままでは間違いなく黒字倒産してしまうという状況でした。黒字倒産の最も大きな原因の一つとして借金の仕方を間違っている、という事が挙げられますが、この会社はまさにその典型例で、多くの会社が同様の問題で苦しんでおり同様の相談が多く寄せられました。
今後コロナ融資の返済が始まり資金が回らなくなる会社が激増する事が予想されます。多くの企業が設備投資を控え消費が激減する中、企業への融資の貸出残高は過去最高を更新し、2020年は業況判断DIがリーマンショック時の-48.8を大幅に上回る-63という過去最悪な状況にも関わらず倒産件数は30年ぶりの低水準、2021年上半期も過去50年で2番目の低水準と、融資が受けられなければ倒産していたであろう多くの企業が生き延びている状況です。特に影響の大きいホテル業界では大手の㈱東京商事が負債総額千億円超を抱え倒産するなど、コロナの影響による倒産も発生し始め、今後は他業種にも波及していく事が見込まれる。そのような会社を1社でも多く救済する事で中小企業及び従業員やその家族に貢献出来ると共に、大きなビジネスチャンスになると考えております。

サービス概要
コロナ倒産回避コンサル」の主なサービス内容
・決算書を分析し正確な現状把握を行い財務分析報告書を提供
・現状の問題・課題の解決策、改善策の立案
・改善策の実行状況を月次経営会議でモニタリングし、実行と改善のサイクルを高速で回す
・適正な資金調達を行うための銀行交渉
・利益体質の会社に変革し潤沢に金が残り成長し続けるための土台を作ります

中小企業の業績改善経験も豊富な公認会計士・税理士事務所が手がける「コロナ倒産回避コンサル」は、顧客である中小企業経営者や従業員などの関係者に物心両面の幸福を提供しながら日本経済の発展にも寄与する事が出来るサービスです。

2021年8月4日よりサービス開始。
費用:月額250,000円~
お申込み方法:まずはホームページまたはお電話から、お問い合わせ下さい。

お問い合わせリンクhttps://monolith-partners.net/contact/
TEL 0297-21-4786

YouTube動画をアップしました!

コロナ融資を使った会社は気を付けてください!融資といってもあくまで借金なので経営改善をしないと、借金で借金を返すことになってしまいます。そうならないために公認会計士市ノ澤が会社を良くするための肝をお伝えします!

ぜひご覧ください!

【Twitter】https://twitter.com/Sho_Ichinosawa
【note】
https://note.mu/sho_i
【TikTok】
https://www.tiktok.com/@sho_ichinosawa
【Facebook】
https://www.facebook.com/profile.php?…
【Instagram】
https://www.instagram.com/sho_ichinos…

🔹経営者・後継者・財務担当者や起業を目指す方のための無料勉強会🔹
https://p.lclc2.work/cacherich4

⭐️日本一わかりやすい大人のための正しいマネーセミナー公式LINE
http://line.me/ti/p/%40595dsyxf

⭐️日本一わかりやすい大人のための正しいオンラインマネーセミナー
https://peraichi.com/landing_pages/vi…

⭐️YouTube動画の配信情報や、最新のビジネスの動向は市ノ澤翔公式LINE
http://line.me/ti/p/%40ito1739e

弊社では単に税務処理、会計処理を代行する作業ではなく、
毎月の経営会議において顧客企業の経営者と密にコミュニケーションを取りながら、
どうやって会社の未来を良くしていくか、社長の夢や目標を実現する為に今やるべきことは
何かを一緒に考え実践する仕組みづくりをサポートしています。

仮説を立て実践し、その結果の検証を行い改善するという一連のプロセスを繰り返し続ける事で
例外なく確実に会社の業績は良くなり目標実現に近づいていきます。

そのような支援、本気の中小企業支援をやっていきたい、クライアントに感謝されるような仕事をしていきたい、
圧倒的なスキルを身に付けたいという仲間を募集しております。

まずはお問い合わせください。

雇用形態 正社員、パート
就業時間 8:30~17:30、残業基本無しだが業務の進捗状況に応じて発生可能性あり
休日等 週休二日制、年末年始休暇、有給休暇制度有
賃金 当社規定により優遇、各種資格手当あり、昇給年1回、賞与年2回(業績に応じて業績賞与支給の可能性もあり)
就業場所 弊社本社、業務内容に応じてリモートワーク有り
各種保険適用
の有無
社会保険完備