大企業と中小企業の資金調達の違い

金融機関からの資金調達方法にも複数の種類がある事は以前のコラムで解説しましたが、それよりも更に大きな括りで資金調達方法には2種類あるというのはご存じだろうか?大企業と中小企業の資金調達方法の違い、と言ってもいいかもしれない。本日はその資金調達方法の違いと中小企業でも実は大企業と同じ資金調達を行うことが可能?という事についてお伝えします。

大企業と中小企業の資金調達の違いとは?

大企業と中小企業の資金調達には大きな違いがある、一言で言うと大企業は直接金融による資金調達、中小企業は間接金融による資金調達。(大企業が間接金融で資金調達する事も可能)という違いがある。それぞれについて詳しく説明していく。

まず大企業が行う直接金融とは、株式市場などで株式を発行し資金調達を行うことを言う。これに対して中小企業が行っている間接金融による資金調達とは、金融機関からの借入などによる資金調達の事を言う。同じ資金調達という行為であり会社に金が入ってくること自体は貸借対照表の左側の資産の部の現預金の増加という部分に違いはない、がその後の資金繰りには大きな違いがある。

貸借対照表の右側はどのように動くか、と言うと直接金融で調達した金は基本的に資本金や資本準備金となり貸借対照表の右側の純資産の部という所に入ってくる。一方間接金融で調達した金は貸借対照表の右側の負債の部と言うところに入ってくる。純資産は自己資本とも呼ばれ本当の意味で会社に残るお金の事を指す。一方で、負債は他人資本と呼ばれいずれ債務者に返済する、つまりいずれ会社から出ていく金という事だ。

(補足情報)
貸借対照表の左側は資産の部、右側は負債の部と純資産の部で構成されているがこの左側と右側それぞれが何を表しているか?と言うと、貸借対照表の右側は会社が調達した資金の調達源泉を表している、他人から調達したもの(負債)なのか、自分で調達したもの(純資産)なのか。株を発行して調達した金も他人から調達しているんじゃないの?と思うかもしれないが、会社は株主の物であり株を購入して会社に金を入れるという事はその会社の持分を得る事になり、外部の第三者ではなく株主という地位を得て他人ではなくなるのです。

つまり直接金融で調達した金であれば事業投資に失敗し回収できなかったとしてもそのことが原因で資金繰りが悪化する事は無いが、間接金融で調達した金はいずれ返済しなければならないのはもちろんの事利息も支払わなければならない為、事業投資に失敗し投資した金額以上にして回収することが出来なければ、返済が始まれば資金繰りが急激に悪化していく。

この借入金の元本返済を度外視して経営を行っている会社が非常に多いためそこは注意していただきたい。借金の返済は会計上の費用にはならない為損益計算書には出てこないが金は出ていくので会計上黒字になっていても借入金の返済額の方が大きければ資金繰りはマイナスになってしまう。

これに対して直接金融で資金調達が出来れば調達額を返済するという必要性はないためよりアグレッシブな投資、運用ができる事となる。では株主は何のリターンも得られないのかと言えばそんなことは無く、利益の一部を配当として受け取るインカムゲインと株価が値上がりした時に市場で売却し取得価格との差額が利益となるキャピタルゲインという2通りリターンを得る方法が存在する。

直接金融で資金調達したくても中小企業じゃ無理だよな。と思われるかもしれないが方法が無いわけではない。実は中小企業でも株式投資型クラウドファンディングなどの制度を使ってエンジェル投資家などから資金調達することが出来る。投資家を納得させられるだけのレベルの高い経営計画を策定する必要があるなどを挑戦するハードルは高いが返済不要の資金調達が出来る為挑戦する価値はある。もしこの株式投資型クラウドファンディングに挑戦したい。という方がいましたらまずは一度お問い合わせいただければと思います。

【YouTubeショート動画】 
お金にまつわる情報やトリビアを発信中!
https://youtube.com/playlist?list=PLxXnJwi3Fej_IdpJXB2wvfvB_hyNjzPxR

「売上100億!何よりも売上を伸ばすことが目標です!」と言う社長がいます。

確かに、「売上が増えれば利益も増える!」と考える方が多いですが、本当にそうでしょうか。

売上至上主義は危険です!

なぜ危険なんでしょうか? 

その理由を公認会計士が解説します!

経営者の方には、売上のほかに最低限押さえておいてもらいたい数字が3つあるので、ぜひご覧ください!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:34 なぜ売上を増やすと危険なのか?
05:56 経営者が絶対に押さえておくべき3つの数字!
09:40 月次の資産表作ったことがないのに成功してる社長の話
11:37 売上を急拡大しようとするとめちゃくちゃ資金繰りが悪化する
12:32 まとめ 

⭐️公式LINE https://lin.ee/XBVkLtS

🌈経営者のための「合法的」節税セミナー https://setsuzei.hp.peraichi.com/

コロナ融資の枠も使い切っちゃって、融資を受けようと思っても銀行が相手にしてくれない。

しかも、コロナ融資の返済が始まるし、この先の資金繰りが心配で眠れない。

そんな時、救世主となるのが「日本政策金融公庫」です!

「銀行がダメなら信用金庫とか信用組合だってあるじゃん!?」

確かに、信用金庫も大きな力になってくれますが、最後の救済策は日本政策金融公庫じゃないとダメな理由があるんです!

なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?

公認会計士が解説します!

⏩もくじ
00:00 オープニング
00:40 資金繰りに不安を抱えている経営者は絶対コレをやってください!
02:05 経営者の一番の悩みとは?
03:57 資金繰り表を作ったら次にやること!
05:58 なぜ日本政策金融公庫が救世主になるのか?
07:41 本当に国は支援する気があるのか?

【関連動画】
先が見えない経営不安を取り除く魔法のツール「資金繰り表」 https://youtu.be/JJl9tAWudhI
中小企業を救う最後の砦「資本性劣後ローン」とは? https://youtu.be/ql5OZHfPdnk

社長「もうこれ以上削減できないよ。従業員の給料減らすわけにもいかないし・・・」

本当にやれること全部やってますか?

多くの会社がコスト削減方法を間違えています。

固定費を減らすよりも、まずこれをやってください!

⏩もくじ
1️⃣オープニング
2️⃣固定費削減よりもっと重要な削減項目とは?
3️⃣そもそも固定費・変動費って何?
4️⃣具体例で分かりやすく見てみましょう!
5️⃣変動費を下げるのと同じくらい効果が大きいものとは?
6️⃣うまくいってる会社とそうでない会社の差はここにある!

ぜひご覧ください!

決算書で社長が丸裸!

会社のお金だと無駄遣いしてしまう社長。

夫が、サラ金で借金してきてポルシェ買ったら離婚問題ですよね!?

それが会社だと許されてしまう。。

資金繰りを良くして会社を安定させるためにはどうしたらいいのか?

公認会計士・税理士市ノ澤がお答えします!

ぜひご覧ください!→https://youtu.be/gFSEoEVr0Dk

YouTube動画をアップしました!

社長が税理士に求めていることNo.1「節税」 「何か裏技があるはずだ!」と節税セミナーに行ってみたり本を買ってみたり、長年節税の裏技を探し求めている社長さん。そんなあなたに公認会計士・税理士市ノ澤が「旅の終点」をご案内致します!

ぜひご覧ください!

【Twitter】https://twitter.com/Sho_Ichinosawa
【note】
https://note.mu/sho_i
【TikTok】
https://www.tiktok.com/@sho_ichinosawa
【Facebook】
https://www.facebook.com/profile.php?…
【Instagram】
https://www.instagram.com/sho_ichinos…

🔹経営者・後継者・財務担当者や起業を目指す方のための無料勉強会🔹
https://p.lclc2.work/cacherich4

⭐️日本一わかりやすい大人のための正しいマネーセミナー公式LINE
http://line.me/ti/p/%40595dsyxf

⭐️日本一わかりやすい大人のための正しいオンラインマネーセミナー
https://peraichi.com/landing_pages/vi…

⭐️YouTube動画の配信情報や、最新のビジネスの動向は市ノ澤翔公式LINE
http://line.me/ti/p/%40ito1739e